編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

【CD】岩井直溥コレクション vol.3

在庫
在庫あり
商品コード
BOCD-7232
JANコード
4995751372321
メーカー
ブレーン株式会社
¥2,750(税込)
税抜 ¥2,500
数量
-+
絶品! ≪ムーンライト・セレナーデ≫冒頭8小節!
日本で初めて、プロが演奏した「岩井アレンジによる吹奏楽ポップス」LPは、1972年2月、当時の東芝EMI(現ユニバーサル・ミュージック)から発売された『ダイナミック・マーチ・イン・バカラック』だった。

人気作曲家バート・バカラック(1928~)の名曲を吹奏楽にアレンジした全12曲のアルバムである。編曲は、もちろん、全曲が岩井直溥。そして演奏が、本盤と同じ、航空自衛隊・航空中央音楽隊(当時は「航空音楽隊」)であった。

つまり岩井&航空中央音楽隊こそは、“吹奏楽ポップス”を、初めて世に送り出したコンビなのである(ちなみに「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」第1集の発売は、それよりあとの同年7月である)。
以後、航空中央音楽隊は、「吹奏楽ポップス」の方向性を決定付けた名盤『ブラス・バンド・プレイ・ブラス・ロック』(1973年10月発売)や、岩井を中心とする作曲家8人の集まり「ニュー・エイトの会」コンサートなどで続々と「岩井アレンジ」を紹介し、名演奏を繰り広げるのである。

そのコンビが、ひさびさに復活し、素晴らしいアルバムを作り上げた。2013年9月と12月に立て続けにリリースされ大ヒットとなった『岩井直溥コレクション』vol.1・2につづく、このvol.3である。

あまりに立て続けに出るので、「まだあるの?」と驚いている方もいるだろうが、岩井はいままでに「3000曲」以上の作編曲を手がけている(ご本人も、よくわかっていない)。
本年(2014年)で91歳を迎える「吹奏楽ポップスの父」の爆走は、まだまだ終わらないのである。
富樫鉄火(音楽ライター)

岩井直溥
演奏データ
指揮:水科克夫 2等空佐
演奏:航空自衛隊航空中央音楽隊
収録曲








[9] 若者への贈り物 / 岩井直溥(8'02)


[11] 復興への序曲「夢の明日に」 / 岩井直溥(3'57)

チェックしたアイテム