楽譜・CD・DVDのご用命はブレーンオンラインショップで【楽譜】「ノートルダムの鐘」よりインタビューやコラム、レコーディングレポート、演奏会レポートの記事に関することはこちら

× CLOSE

メンケン(森田一浩)/Gr.4/9:00

【楽譜】「ノートルダムの鐘」より

在庫
在庫あり
商品コード
COMS-85129
JANコード
4995751821454
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
下野竜也×広島WO(全曲版)
伊奈学園秋の演奏会より
¥19,440(税込)
税抜 ¥18,000
数量
-+

2017年全日本吹奏楽コンクールにて埼玉県立伊奈学園総合高等学校が演奏!
 

♪詳細情報♪
作曲:A.メンケン(Alan Menken)
編曲: 森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:9分00秒(約)
グレード:4
主なソロパート:--
Trp.最高音:1st:High D  2st:A  3rd:Es
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo
1st & 2nd Flutes
1st Oboe
2nd Oboe (doub.English Horn)
1st Bassoon
2nd Bassoon (doub.Double Bassoon)

Clarinet in E♭
1st Clarinet in Bb(div.)
2nd Clarinet in B♭(div.)
Alto Clarinet in E♭
Bass Clarinet in B♭
Contrabass Clarinet in B♭

Soprano Saxophone in B♭
1st Alto Saxophone in E♭
2nd Alto Saxophone in E♭
Tenor Saxophone in B♭
Baritone Saxophone in B♭
1st Trumpet in B♭(doub.Picc.Trp.in B♭)
2nd Trumpet in B♭
3rd Trumpet in B♭

1st & 2nd Horns in F
3rd & 4th Horns in F

1st Trombone
2nd Trombone
Bass Trombone

Euphonium(div.)
Tuba(div.)

String Bass
Timpani
Snare Drum
3 Tom-toms
Tam-tam
Triangle
Anvil
Suspended Cymbal
Crash Cymbals
Bass Drum
Glockenspiel
Xylophone
Chimes
Vibraphone

Celesta
Harp

Chorus(female/male)
♪楽曲解説♪

 原作は『レ・ミゼラブル』で知られるフランス・ロマン主義の詩人、小説家ヴィクトル・ユーゴーが1831年に発表した小説『Notre-Dame de Paris』。ディズニー制作の長編アニメーションとして1996年に公開されたのち、まずドイツ語に翻訳された脚本が書かれ、舞台ミュージカルとしてベルリンで99年から2002年まで上演されました。ドイツとミュージカルの結びつきには少々意外な印象を持つかもしれませんが、1986年に《キャッツ》(A.ロイド=ウェバー作曲)のハンブルグ公演が大成功したことをきっかけに、ミュージカル熱は国内のいたる都市に飛び火し、今やドイツはアメリカ、イギリスに次ぐ世界第3位のミュージカル市場となっているのです。ディズニー関連のミュージカルも大変な人気で、世界初演の実績を持つ《ノートルダムの鐘》は現在もなお断続的な公演が続いているということです。アメリカでの公演はそれよりかなり遅れて、2014年からサンディエゴで始まったものの、ミュージカルの中心地ともいえるブロードウェイでの演目にはなりませんでした。劇団四季による日本語版はサンディエゴ公演にもとづく舞台で、2016年12月から上演が始まり、2018年春現在、すでにいくつかの都市での公演が予定されています。
 ドイツ、アメリカそして日本と、世界を巡ってきた《ノートルダムの鐘》の音楽は、アラン・メンケン(1949〜)が初めにアニメーションに書き下ろした楽曲が基本になっていますが、20年におよぶ上演の歴史のなかで曲目の追加や削除、シーンの入れ換えなどが行われました。複数の録音盤を聴いてみてわかったのですが、公演による違いがはなはだしく、日本語版とその元になったアメリカ版ですらタイトルはもとより、音楽そのものの構成が同じではないのです。この吹奏楽編曲に使用した楽曲は、楽譜の該当部分にサブタイトルを記してありますが、前述のようにこの曲名もすべての《ノートルダムの鐘》に共通しているものではありません。そこで混乱を避けるために、各曲の出典となった音盤とタイトルをあらためて記しておきたいと思います。
 
1.THE BELLS OF NOTRE DAME ノートルダムの鐘〈アメリカ・Studio Cast Recording盤〉
2.GOD HELP THE OUTCAST ゴッド・ヘルプ〈アメリカ・Studio Cast Recording盤〉
3.SANCTUARY ! サンクチュアリ!〈日本語版オリジナル・サウンドトラック盤〉
4.AND HE SHALL SMITE THE WICKED フロローの最期〈日本語版オリジナル・サウンドトラック盤〉
5.THE BELLS OF NOTRE DAME (REPRISE)-from FINALE ノートルダムの鐘(リプライズ)-「フィナーレ」より〈アメリカ・Studio Cast Recording盤〉
 
 最初にこの編曲の演奏を志した埼玉県立伊奈学園総合高等学校吹奏楽部の指導者、宇畑知樹先生が全体の構成を考えてくださいました。登場人物が歌う有名なナンバーに偏ることなく、オーケストラやコーラス(聖歌隊)が活躍するシーンもふんだんにとり入れ、クラシカルかつシンフォニックな効果が期待できるような流れになっています。
 冒頭の聖歌風の合唱はラテン語によるオリジナル歌詞もあるのですが、発音の障害も考えられることから、編曲では母音唱法に統一しました。また、タイトルどおりに鐘の響きが重要なポイントになる作品なので、可能であればチャイムを複数台使用して、教会の雰囲気を印象づけると効果的だと思われます。

(2018年1月 森田 一浩)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム

カテゴリーからさがす