編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
変化に富んだ美しい曲調に加え、楽譜に仕掛けられたユニークなカラクリもおもしろい。

5パート+打楽器:七つの惑星、そうして目に見えないもの -「星の王子さま」のエピソードによる組曲/侘美 秀俊 【フレキシブルアンサンブル楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
FLMS-87095
JANコード
4995751822482
メーカー
ブレーン株式会社
¥7,700(税込)
税抜 ¥7,000
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:侘美 秀俊 (Hidetoshi Takumi)
演奏時間:5分10秒 (約)
グレード:3
楽曲構成:全3曲
1.イントロダクション~テーマ~第1と第2と第3の惑星 [1:50]
2.第4と第5と第6の惑星、そして地球 [1:00]
3.バラと王子さま~きつねと王子さま~ヘビと王子さま [2:20]

編成:フレキシブル5パート+打楽器
販売形態:販売楽譜(スコア+パート譜)
▼楽器編成▼
【Part 1】
Piccolo
Flute
Oboe
Violin
Clarinet in E♭
Clarinet in B♭
Soprano Saxophone in B♭
Trumpet in B♭

【Part 2】
Flute
Oboe
English Horn in F
Clarinet in E♭
Clarinet in B♭
Soprano Saxophone in B♭
Alto Saxophone in E♭
Trumpet in B♭
Violin

【Part 3】
English Horn in F
Clarinet in B♭
Alto Saxophone in E♭
Tenor Saxophone in B♭
Trumpet in B♭
Horn in F
Viola

【Part 4】
Alto Clarinet in E♭
Bass Clarinet in B♭
Alto Saxophone in E♭
Tenor Saxophone in B♭
Baritone Saxophone in E♭
Bassoon
Horn in F
Trombone
Euphonium
Violoncello

【Part 5】
Bass Clarinet in B♭
Baritone Saxophone in E♭
Bassoon
Bass Trombone
Euphonium
Tuba
String Bass

Timpani (opt.)


【1st Percussion】 (opt.)
Glockenspiel
Triangle
Tambourine
Suspended Cymbal


【2nd Percussion】 (opt.)
Triangle
Suspended Cymbal
Wind Chime
Snare Drum
Tambourine
Glockenspiel
Xylophone

Tp.最高音:【Part1】G 【Part2】F 【Part3】B
♪楽曲解説♪

 広く世界中の子供が、そうして大人が読み継いできた世紀を超えるロングベストセラーである、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの著書「星の王子さま」のストーリーを題材にした小品です。
 3つのセクション(楽章)それぞれの副題に、シーンのイメージタイトルが付けられています。この3つは可能ならattaccaで続けて演奏されてもよいですし、少し間を空けて楽章形式として扱ってもよいでしょう。
 主要モティーフは、王子さまの小惑星の名前「B 612」にちなんで、B-durの6,1,2を音名変換した【G-B♭-C】の3音の音列です。曲のあらゆるところで見つけられるので探してみましょう。
王子さまが旅する6つの惑星と最後に辿り着いた7つ目の地球、そうして、それぞれの惑星の住人をイメージした楽想になっています。音楽的なカラクリとして、1番目の星は、1拍子で、♭が1つのキー(調性)、2番目の星は、2拍子で、♭が2つのキー、以下同じく…となっているところです。つまり【拍子・調性のヴァリエーションとその練習】にも活用して欲しいのです。
 作曲者が意図する理想の編成は【5パート(各1名ずつ)+打楽器1パート】です。この場合、打楽器は〈パート8〉を優先してください。そうすることで、パート1~5+8の6つのパートで、必ずソロのメロディーを担当するセクションが与えられます。打楽器が2名いるときには、さらに〈パート7〉を加えてください。さらに人数の多い小編成規模のバンド編成にも対応していますが、そのときには〈パート6〉を加えて、3つの打楽器パートを活用しながら、パート1~5の人数も増やしてバランスをうまくとってみましょう。
 このように少人数のバンド編成で演奏する場合には、各パートを複数の楽器で重複できますが、その場合に例えば、木管楽器だけや金管楽器だけ、あるいはサックスセクションだけなど、曲のセクション(練習番号)ごとに編成の厚みを変化させてみましょう。目安となる組み合わせを[~ only]として譜面に記しておきました。これに限りませんが、これらを参考に組み立てていただきたいのです。
 さらに弦楽器用のパートにも対応していますので、もちろん弦楽アンサンブルだけでも、あるいは管楽器と弦楽器の混合編成でも演奏可能です。演奏の現場で考え得る、さまざまな楽器の組み合わせ、幅広い世代の合同アンサンブルなど、たくさんの方にチャレンジしていただいけることを願って作曲しました。

(侘美 秀俊)

チェックしたアイテム