編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題:Wiener Philharmoniker Fanfare/Richard Strauss(Wil van der Beek)

ウィーン・フィルハーモニーのためのファンファーレ/リヒャルト・シュトラウス(ウィル・ヴァン・デル・ビーク)【吹奏楽輸入楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
100264HA
メーカー
ティエロルフ (Tierolff Muziekcentrale)
¥15,422(税込)
税抜 ¥14,020
数量
-+
ショップ会員がおトク最大8%ポイント還元
♪詳細情報♪
作曲:リヒャルト・シュトラウス(Richard Strauss)
編曲:ウィル・ヴァン・デル・ビーク(Wil van der Beek)
演奏時間:2:20(約)
Trp.最高音:1st: High B♭/2nd: G/3rd: E♭
グレード:2~3
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Flute
Oboe
Bassoon
Eb Clarinet
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Bb Bass Clarinet
Eb Alto Saxophone
Bb Tenor Saxophone
Eb Baritone Saxophone

Bb Trumpet 1
Bb Trumpet 2
Bb Trumpet 3
F Horn 1
F Horn 2
F Horn 3
C Trombone 1
C Trombone 2
C Trombone 3
C Euphonium
C Basses

Cymbals
Timpani


♪楽曲解説♪

リヒャルト・シュトラウスはドイツの作曲家で、ちなみにヨハン・シュトラウスやウィーン出身のオーストリア人の親族とは血縁関係はない。1864年6月11日にミュンヘンで生まれ、1894年に歌手のポーリーン・デ・アーナと結婚した。シュトラウスは、バイエルン王宮のホルンの名手、フランツ・ヨーゼフ・シュトラウスの息子である。ヴァイオリンをベンノ・ワルターに、ピアノをカール・ニーストに、音楽理論をフリードリッヒ・ヴィルヘルム・マイヤーに師事していた。リヒャルトは早くから音楽の才能を発揮していた。1876年、彼は「祝祭行進曲」を作曲した。1881年に他の2作品とともに出版された。リヒャルトは、最初のオペラ《サロメ》で大ブレイクした。その後、作詞家フーゴ・フォン・ホーフマンシュタールとのコンビで、次々とオペラを作曲した。また、妻から声楽の技術的なアドバイスを頻繁に受け、それが大きな助けになった。その影響もあって、彼はオペラの主役を明確にソプラノに求めるようになった。シュトラウスの代表的なオペラには、「薔薇の騎士」、「ナクソス島のアリアドネ」、「エレクトラ」、「王妃の首飾り」などがある。彼の作品は、一般に後期ロマン派のレパートリーのハイライトとみなされている。1949年9月8日、ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(ミュンヘン近郊)にて死去。 「ウィーン・フィルハーモニーのためのファンファーレ」は、1924年に開催された第1回ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団慈善舞踏会の際に作曲された。この舞踏会は、オーケストラの音楽家の年金基金のための資金集めを目的としており、毎年、ゲストが舞踏会場に入場する際にこのファンファーレが演奏される伝統的なものとなっている。 この作品はもともと、6本のトランペット、8本のホルン、6本のトロンボーン、2本のバスチューバとティンパニのために書かれたものである。行事用の作品だが、その質の高さから大切な曲となりました! 【演奏上の注意】 この編曲は、金管アンサンブルとパーカッションで演奏することもできます。その場合は、トランペット、ホルン、トロンボーン、ユーフォニアム、バス、ティンパニ、シンバルという編成で演奏してください。

曲の演奏ノウハウをシェア!吹きレポ♪

この曲の投稿を募集しています

吹きレポとは?

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム