編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
密を避ける活動の応援キャンペーン!
原題: And Can It Be? / David Gillingham

アンド・キャン・イット・ビー?/デイヴィッド・ギリングハム【吹奏楽輸入楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
CAP04900
JANコード
804069049006
メーカー
C. Alan Publications
¥18,876(税込)
税抜 ¥17,160
数量
-+

♪詳細情報♪

作曲者:デイヴィッド・ギリングハム(David Gillingham)
演奏時間:11分45秒
グレード:5
主なソロパート:Fl. / A.Fl. / Ob. / Euph.
Trp.最高音:1st:Ges / 2nd:E / 3rd:Es
編成:吹奏楽
出版社:C・アラン・パブリケーションズ(C. Alan Publications)
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)

▼楽器編成▼

Fl.1/Picc.
 /Solo Alto Flute
Fl.2/Picc.
Ob.1-2
Bsn.1-2
Bb Cl.1-3
B.Cl.
A.Sax.1-2
T.Sax.
B.Sax.

Trp.1-3
Hrn.1-4
Trb.1-2
B.Trb.
Euph.
Tuba

Piano

Timp.

Perc.1:
Bell Tree
Crotales
4 Brake Drums
Cr.Cym.

Perc.2:
Vibraphone
Marimba(4.3 octave)※
Hi-Hat
Chimes
Sus.Cym.

Perc.3:
Marimba(4.3 octave)※
Xylophone
Glockenspiel
S.D.

Perc.4:
Sus.Cym.
Tam-tam
4 Tom-toms
Large B.D.
※Marimbaは1台で演奏可

解説
アメリカ・コロラド州コロンバインの高校で起こった銃乱射事件が作曲の背景。
トーマス・キャンベルの賛美歌を用いて書かれた作品です。
ウィズ・ハート・アンド・ヴォイスと同じような曲調ですが、こちらの方がシリアスな曲調となっています。難易度も少し上のグレードです。


1981年に、ミシガン州スプリング・アーバーにあるスプリング・アーバー大学で大学教授としてのキャリアが始まりました。この教会関連の大学では、週に数回1日の始まりに全学礼拝するのが習慣でした。ある日、私が礼拝に遅れていくと、チャールズ・ウェスリーがトーマス・キャンベルの曲に詩をつけた、メソジストの伝統に深く根ざした礼拝の最初の賛美歌「And Can It Be?」の歌唱中でした。メソジスト社会で育ったにもかかわらず、私はこの歌を歌ったり聞いたりしたことがありませんでした。 700人以上の声がこの賛美歌の旋律を響かせ、私はすぐにその美しさと壮大さに夢中になりました。この賛美歌は私のお気に入りであり続け、その思い出深い日は私の心にしっかりと刻まれています。

昨年、コロラド州コロンバインでの悲劇の後、この賛美歌がすぐに頭に浮かび、そのタイトルに2つの意味があることに気づいたのです。「どうして、救い主の血によって、私は益を得ただろうか。」とチャールズ・ウェスリーが書いたのに対し、「これらの若者がどうしてそんな暴力的にそして不必要に死ぬべきでしょうか?」と私は尋ねました。そのような恐ろしい出来事の中で、人は神もしくは人よりも大きな力に頼ることしかできません。したがって、この作品のインスピレーションは、この賛美歌への賛同と我々の国、特に公立学校における激化する暴力の対比から得ています。

この作品は賛美歌に由来し、私たちの世界で高まる暴力のようにねじれ、うなり声を上げる賛美歌の部分的な声明から始まります。しかし、神の救いの恵みのおかげで、愛は常に存在し、賛美歌が最終的に輝かしい勝利として登場します。

In 1981, I began my career as a college professor at Spring Arbor College, in Spring Arbor, Michigan. It was customary at this church-related college to begin the day, several times a week, with an all-campus chapel service. On one particular occasion, I came late to the service during the singing of the opening hymn, And Can It Be?, a hymn deeply rooted in Methodist tradition, authored by Charles Wesley to the music of Thomas Campbell. Despite my Methodist upbringing, I had never sung or heard this hymn before. With over 700 voice sounding the strains of this hymn, I was immediately taken by its beauty and grandeur. The hymn has remained a favorite of mine and that memorable day is firmly etched in my mind.

Last year, after the tragedy at Columbine, Colorado, this hymn tune immediately came to mind with its title now bearing a double meaning. Whereas Charles Wesley wrote, "And can it be that I should gain an interest in the Saviour's blood?", I asked, "How can it be that these young people should die so violently and needlessly?" One can only turn to God or a force greater than man for comfort amidst such terrible events. Hence, the inspiration for this work is taken from the affirmation of this hymn versus the escalating violence in our country, particularly in our public schools.

The substance of this work is derived from the hymn, starting with a partial statement of the hymn which becomes twisted and snarled like the growing violence in our world. But, for the saving grace of God, love will always reign, and the hymn tune eventually emerges in glorious triumph.

- David R. Gillingham

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム