編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

打楽器6重奏:La maree et lalgue (ラ・マレー・エ・ラルグ)/天野正道【アンサンブル楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
ENMS-84159
JANコード
4995751812346
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
¥3,960(税込)
税抜 ¥3,600
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲者:天野正道(Masamicz Amano)
演奏時間:4分45秒 (約)
グレード:4.5
編成:打楽器6重奏
Mari.音域:5 oct.(1台でも可)
Timp.台数4台
打楽器台数:Tamb.2枚必要  Vib.×1
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
楽器編成
【1st Percussion】Antique Cymbal / Drum Set
【2nd Percussion】Vibraphone / Bongo / Conga
【3rd Percussion】Glockenspiel / Wind Chime / Marimba / Rain Stick / Shaker / Tambourine /(Vibraphone)
【4th Percussion】Shell Tree / Marimba / Roto Tom
【5th Percussion】Middle Tam-tam / Low Tam-tam / Chromatic Gong / Timpani / (Marimba)
【6th Percussion】Tubular Bells / Thunder Sheet / Low Tam-tam / Metal Cabasa / (Marimba)
( )内の楽器は他のパートとの連弾
♪楽曲解説♪

曲名の「La Maree et lalgue」を直訳すると「潮と海草」になりますが、漠然とした印象(そう、例えばスキューバ・ダイビングをやって、海の中で観る海草の揺れ動きや、肌で感じる潮の流れとか)は、若干あるものの、具体的な描写などは全くありません。

曲冒頭は全員がスコアを観ながらの演奏になります。お互いの反応によって曲は進んでいきますが、ここに書かれている秒数は目安であって、厳格さを求めるものではありません。しかしながら、各演奏者の体内時計のパルスは合わせたほうが良いです。

【C】までの部分は、特に色彩(音色など)の変化に神経を使ってください。金属打楽器のバランスが重要なポイントになるでしょう。
【C】からのアレグロは16beatのノリが一番大事になってきます。Latin Fusion系のノリでも良いかもしれませんが、私個人としてはどちらかというとJazz Fusion系の16beatのほうがしっくりくると思います。
【D】のヴィヴラフォンsolo、出だしの部分はノンペダル、又はハーフペダルが良いでしょう。Mike Mainieriのプレイなど、参考になるでしょう。
【F】は8beatになりますが、この部分は大きなノリで幅広い感じが出ると良いですね。
【H】のTimp.soloはリズムキープがとても大事になります。16分音符のシンコペーションや3連符が混ざっているので特に注意してください。前の部分が8beatでここから突然シンコペーションを含む16beatになる訳ですが、基本的な4分音符の単位をちゃんと体に入れておくことが大切です。その後階梯導入的に他のパートも絡んできますが、お互いのバランスに気をつけましょう。
【K】の2小節前、このチューブラーベルのsoloはある意味全曲中で一番重要な部分です。他のパートがクレッシェンドした頂点で、どのような感じで入るといいか研究してみてください。
【L】からは再現を兼ねたコーダですが、この部分は色々な解釈があって良いと思います。

(天野正道)

チェックしたアイテム