編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題:Let Me Be Frank With You/John Mackey ⇒コンサートのプログラムに面白いアクセントをもたらすジョン・マッキーの底抜けに明るい作品。

レット・ミー・ビー・フランク・ウィズ・ユー/ジョン・マッキー【吹奏楽販売楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
GOMS-90057
メーカー
オスティー・ミュージック(Osti Music)
¥21,450(税込)
税抜 ¥19,500
数量
-+
ショップ会員がおトク最大8%ポイント還元
こちらはスコア+パート譜のセットです(スコアのみもあります)
#スコアのみ
こちらは吹奏楽版です(フレキシブル版もあります)
#フレキシブル版

関連キーワード

#ジョン・マッキー#Osti Music
♪詳細情報♪
作曲:ジョン・マッキー(John Mackey)
演奏時間:3:00(約)
グレード:中級
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo
2 Flutes
Oboe
Bassoon
3 Clarinets
Bass Clarinet
2 Alto Saxes
Tenor Sax
Baritone Sax
3 Trumpets
2 Horns (各パート2名を推奨)
3 Trombones
Euphonium
Tuba
Double Bass (optional)

6 Percussionists
Player 1: Timpani
Player 2: Xylophone
Player 3: Snare Drum
Player 4: 4 Cymbals (Splash, China, EFX or equivalent, & crash) & Kick Drum
Player 5: Tambourine
Player 6: Bass Drum
♪楽曲解説♪

2020年夏、コロナ禍の真っ只中で、私は是が非でも何か楽しい作品を書く必要があると感じていました。制作を始め、24小節目くらいまで進んだとき、ふと不安な気持ちになったのです。(作曲家には珍しくないことですが)それは、今書き進めているこの曲は、既に書かれていたものかもしれないということです。そして、今回の場合、ただのフランク・ティケリの盗作だと不安になったのです。 私は冒頭部分をフランクに送りましたが、彼は信じられないほど丁寧に答えてくれました。「私はこのような曲は書いたことはないーでも、誰もがこのような作品を書く可能性があることは明らかだ」と。これは私が書いたティケリ風の曲なのです! 私が「3分の楽しい曲を書こう」と思うと、私の脳は「ティケリだけど、スネアドラムを多用して、いくつかの "間違った "音を加えた曲だ」と判断してしまうことがわかりました。 インスピレーションを与えてくれたフランク・ティケリに感謝し、この作品を捧げます。

曲の演奏ノウハウをシェア!吹きレポ♪

この曲の投稿を募集しています

吹きレポとは?

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム