編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
飯島俊成/Gr.4/7:30

レンタル楽譜:砂塵 ~Toward Embrace、for Peace I~ [飯島俊成]

在庫
在庫あり
商品コード
YDOI-A08
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥32,400(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:飯島俊成(Toshinari Iijima)
演奏時間:7分30秒 (約)
グレード:4
主なソロパート:特になし
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo
Flute 1 & 2
Oboe (doub. English Horn)
Bassoon
E♭Clarinet
B♭Clarinet 1(div.), 2 & 3
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Soprano Saxophone
Alto Saxophone 1 & 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
(doub. Flugel Horn)
Trumpet 2 & 3
Horn 1 , 2 , 3 & 4
Trombone 1 , 2 & 3
Euphonium (div.)
Tuba (div.)
String Bass

Piano
Timpani
【Percussion】5 players~
Snare Drum
Bass Drum
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Tam-Tam
Triangle
Glockenspiel
Vibraphone
Xylophone
Marimba
Tubular Bells
♪楽曲解説♪

「砂塵」と「荒野を照らす月の光」はそれぞれ、 鏡野吹奏楽団、名取交響吹奏楽団の委嘱により作曲した作品ですが、 副題の「Toward Embrace for Peace」の通り、ひとつながりの作品です。

両作品とも、イラク戦争の暗い予感に溢れた2003年のはじめに作曲を始めました。 「砂塵」は、チグリス・ユーフラテスに潤う古代文明発祥の地と 周辺の砂漠に住む人々が戦乱に追われ、殺され、すべてが荒廃するまでを、 そして「荒野を照らす月の光」では、憎しみと悲しみに覆われた心が月の光に照らされ「人の心」を取り戻すことを祈って作曲しました。

人の子の親となり、子の将来を想う時、人が人を傷つけたり殺したりすることは、あってはならないことと改めて感じます。どのような大義名分があろうと、人が人を殺すことは「悪」です。憎しみは憎しみの連鎖しか産まず、争いが争いを産むのは、歴史が証明することです。

「殺した」「殺害した」という「戦果」の発表を見るたびに、戦慄が走ります。「殺す(Kill)」は、誇らしげに使われるべき言葉でしょうか?殺された一人一人の無念と絶望と、家族や恋人、親しい友達の悲しみを少しでも考えた時に使える言葉でしょうか?

僕は、人の心を失いたくない、捨てたくない。

(飯島俊成)

チグリス・ユーフラテスの川辺は古代文明を育んだ地
人が人になる前から多くの命を育んだ地

己を守るための戦い
家族を守るための戦い
欲と名誉の為の戦い
殺生を禁じる教えのための戦い

有史以前からの戦いは続く
流されるのは「正義」の血
流された血と、悲しみと、苦しみは
砂塵の中に封印される、消えることなく・・・・

どっちもどっち、なのかもしれない
でも・・・・

心優しきネアンデールタル人
闘争心と向上心のクロマニヨン人

我等は、何故
ネアンデールタル人の子孫に生まれなかったのか・・・・

注目の特集一覧

チェックしたアイテム