編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
伊藤康英/Gr.5/10:00

【楽譜】吹奏楽のためのアダージョ [伊藤康英]

在庫
在庫わずか
商品コード
NAS-BA325
JANコード
4995751814968
メーカー
イトーミュージック
¥18,700(税込)
税抜 ¥17,000
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲者:伊藤康英(Ito Yasuhide)
演奏時間:10分00秒 (約)
グレード:5
編成:吹奏楽
販売形態:販売楽譜(スコア+パート譜)
▼楽器編成▼
Picc.
Fl.(div.)
Ob.(div.)
Bsn.(div.)
E♭Cl.
B♭Cl.1,2&3
A.Cl.
B.Cl.
A.Sax.(div.)
T.Sax.
B.Sax.

Trp.1,2&3
Hrn.1,2,3&4
Trb.1,2&3
Euph.(div.)
Tuba(div.)
St.Bass(div.)

Harp

Timp.

【Perc.1】
Tri.
Tam-tam
B.D.

【Perc.2】
Sus.Cymb.
Tam-tam
Wood Block

【Mallets】
Xylo.
Vib.
Glock.
♪楽曲解説♪

楽語に用いられる音楽用語をあれやこれや眺めるのが好きだ。たとえば、フェルマータ(fermata)というのはバス停のことでもあり、クレッシェンド(crescendo)というのは、フランス語のクロワッサン(croissant)と同じ意味だ、とか。

アダージョ(Adagio)というのは、通常ゆっくりとしたテンポで演奏することや、緩徐楽章(ゆっくりとした楽章)を意味する。しかしこのイタリア語の言葉の語源を辿ると、ラテン語のagioに行き着く。これは、平安、 安らぎ、穏やかさ、といった意味だ。それにadという前置詞が付いてadagioとなったらしい。前置詞adは、英語に置き換えるとtoとかtoward、つまり「~の方向へ」という意味がある。たとえば「アドリブ」という言葉はラテン語であり、ad libitumつまり「自由の方向へ」というニュアンスを持った言葉である(…などと書いていると、なんだか外国語の授業のようですね)。ですからこの曲の題名adagioは、強いて訳すと「安らぎの方向へ」あるいは「toward the peace」(平和に向かって)ということになろうか。

穏やかならぬ事件があまりにも相次ぐ今の時代への、私からのささやかなメッセージである。

(初演プログラム/伊藤康英)

初演:玉川学園高等部吹奏楽団、長谷部啓指揮 「第39回定期演奏会」(パルテノン多摩)
玉川学園高等部吹奏楽団の委嘱により作曲。

チェックしたアイテム