編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

【吹奏楽】選曲-中上級 35人以上 コンクール自由曲

グレード×人数別おすすめ
▼「難易度×編成」をお選びください▼
【初~中級】~15名 | 16~25名 | 26~35名 | 35名以上
【中~上級】~15名 | 16~25名 | 26~35名 | 35名以上
難×36人以上
グレード5
NEW
吹奏楽のための協奏的一章/芳賀 傑
美しい和声を伴いながらそれぞれのパートが呼応しあう事で生み出される研ぎ澄まされた音楽は、個々の演奏力を存分に発揮できます!
試聴
グレード5
NEW
ムジカ・クインクウェ・プレナ/高 昌帥
東京隆生吹奏楽団による名演が記憶に新しい。5拍子で進行する独特のリズムに引き込まれる!
グレード5
NEW
ボレアス~北風の神の神話~/福島弘和
冒頭より切れ目なく続くG-B♭がこの曲の主題的な動きで、G-B♭の間をすり抜けるように、もう一つの主題と和声が展開して行く構造の作品です。
試聴
グレード5
NEW
歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」より/F.チレア (宍倉 晃)
2019年埼玉栄高校の自由曲。イタリアのヴェリズモオペラの作風を残しつつ、優美な旋律と繊細かつ色彩感のある和声が特徴的なチレアの音楽は、歌心にあふれるバンドに最適。
試聴
グレード5
NEW
ロックバンドと吹奏楽のためのBサイド・コンチェルト/ルイス・セラーノ・アラルコン
ロックバンド×吹奏楽という異色の組み合わせが生み出す新しい可能性が見える作品
グレード6
NEW
インヴォカシオン~「エル・プエルト」を元にして~/ルイス・セラーノ・アラルコン
光ヶ丘女子高校が2019全国大会で演奏!スペインの作曲家アラルコンの渾身の1曲!
グレード6
NEW
吹奏楽のための交響曲/ルイス・セラーノ・アラルコン
30分にわたるアラルコン渾身の初交響曲!19世紀の交響曲の手法を踏襲した作品
グレード6
NEW
吹奏楽のための第2交響曲/ルイス・セラーノ・アラルコン
ロマン派の巨匠作曲家たちへの「オマージュ」として書かれた2作目の交響曲
グレード5
NEW
オペラ「ある水筒の物語」によるパラフレーズ/伊藤康英
伊藤氏がこれまで平和を願い書いた作品群の集大成として作られたオペラ「ある水筒の物語」。この作品(とその背景)を広く知ってもらうため、吹奏楽による小品として作曲されたのが本作。
試聴
グレード5
シンフォニエッタ第3番「響きの森」/福島弘和
めくるめく響きの中を駆け抜けるような緊張感のある幕開けから、優美な中間部を経て、感動的なクライマックスへ。眩いばかりの響きに包まれるような作品は、コンクールでも聴き映え抜群!
試聴
グレード5
Mindscape for Wind Orchestra (ウインドオーケストラのためのマインドスケープ)/高 昌帥
迫りくる音に圧巻の第1部と相反する性格の漂うように歌う第2部。一貫して体に染み渡るような音の波が聴衆を包み込む。
試聴
グレード5
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 2007年版&2018年版 セット/P.マスカーニ(宍倉 晃)
前奏曲とシチリアーナ、乾杯―泡立つ酒よ、祈りの歌の3つの場面を抜粋し編曲。最後は最も有名な「間奏曲」の印象的な旋律をモチーフにしたCodaとなり、劇的に幕を閉じる。
試聴
グレード5
歌劇「トゥーランドット」より/G.プッチーニ (後藤 洋)
2006年の全日本吹奏楽コンクールで埼玉栄高校と金沢市立工業高校が演奏して注目を集め、以降定番のレパートリーとなったアレンジです。「原曲以上にドラマチック」と評された構成が魅力です。
試聴
グレード5
ラッキードラゴン ~第五福竜丸の記憶~/福島弘和
第五福竜丸の事件を題材に作曲された、強いメッセージ性を持つ迫力ある一曲。
試聴
グレード5
Ballad for Wind Orchestra (ウインドオーケストラのためのバラッド)/高 昌帥
全体で一本の筋が通った構成が魅力。難易度は高いがよく鳴るオーケストレーション。
試聴
グレード5
吹奏楽のための協奏曲(全5楽章)/高 昌帥
吹奏楽の可能性を最大限まで引き出した意欲作!大胆、かつ細かいアナリーゼが求められるが感銘度も高い。
試聴
グレード5
歌劇「マノン・レスコー」より/G.プッチーニ (宍倉 晃)
歌劇「マノン・レスコー」は1892年に作曲されました。プッチーニの3作目にあたる歌劇で、後に作曲される「ラ・ボエーム」「トスカ」「蝶々夫人」へと続く出世作と言われています。
試聴
グレード5
パガニーニの主題による狂詩曲/S.ラフマニノフ (森田一浩)
「パガニーニの主題による狂詩曲」は、実質的にはピアノ協奏曲と考えられる作品で、パガニーニの作品、無伴奏ヴァイオリンのための「24の奇想曲」中の第24曲の主題を使い、変奏曲として作曲されたものである。
試聴
グレード5
シンフォニエッタ第2番「祈りの鐘」/福島弘和
「鐘」の音とOb.ソロの厳かな空気から始まる。「ラッキードラゴン」と並び、福島作品の人気曲。
試聴
グレード5
トリプロ・トリプルム/高 昌帥
リズムがシンプルで、カットなしでも演奏できるので、難解な高作品の中でも比較的演奏しやすい。冒頭のシンプルなメロディーが展開を繰り返し壮大なコラールへと変貌する。和声展開と転調の手腕が発揮された作品。
試聴
グレード5
歌劇「蝶々夫人」より/G.プッチーニ (宍倉 晃)
悲恋の物語を異国情緒あふれる音楽で表現。有名なアリア「ある晴れた日に」を軸にオペラの世界が広がる、アレンジ決定版です。
試聴
グレード5
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」 より (2018年版)/P.マスカーニ (宍倉 晃)
第2作は、2007年にアレンジされた第1作の続きの場面の音楽から始まります。悲劇のクライマックスに向かう、重厚なオペラの世界を堪能することができます。
試聴
グレード5
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より (2007年版)/P.マスカーニ (宍倉 晃)
前奏曲とシチリアーナ、乾杯―泡立つ酒よ、祈りの歌の3つの場面を抜粋し編曲。最後は最も有名な「間奏曲」の印象的な旋律をモチーフにしたCodaとなり、劇的に幕を閉じる。
試聴
グレード5
ミュージカル「ミス・サイゴン」より/C.M.シェーンベルク (宍倉 晃)
埼玉栄高校の名演で一世を風靡し、今日まで広く愛されている名アレンジです。
グレード5
ミュージカル「レ・ミゼラブル」より/C.-M.シェーンベルク (森田一浩)
フィナーレを飾る「民衆の歌」ではオフステージから聞こえるフルートの旋律が音楽を立体的に描き出します。
試聴
グレード5
ウィークエンド・イン・ニューヨーク/フィリップ・スパーク
ニューヨークでの週末を描いた作品。ジャズなどアメリカらしい要素がふんだんに取り入れられている。
グレード5
イーストコーストの風景(全楽章)/ナイジェル・ヘス
モダンなサウンドとノリが良く理屈抜きに楽しいこの曲は、まさに、鮮やかな3枚の絵!
グレード5
ピータールー序曲/M.アーノルド (近藤久敦)
1819年イギリス・マンチェスターで起こった議会改革を訴えた市民と軍の衝突し多数の死傷者を出した「ピータールー事件」を題材にして書かれた作品です。
試聴
グレード5
オーロラの目覚め/ジョン・マッキー
ローマ神話の夜明けの女神「オーロラ」はよく美と光を連想させる神話の人物である。
グレード5
蒼氓愛歌 (そうぼうあいか) ~三つの異なる表現で~ (全3楽章)/清水大輔
2014年響宴に選出され大注目!民族音楽とポップ・ロックが融合した壮大な作品。
試聴
グレード5
楽劇「サロメ」より 7つのヴェールの踊り/R.シュトラウス (森田一浩)
「7つのヴェールの踊り」は主人公のサロメが薄布を脱ぎ捨てながら踊るシーンを描いたもの。各部分に現れる旋律には横のつながりもあり、演奏時間わずか9分半とは思えないほど情報量の多い作品。
試聴
グレード5
バレエ音楽「三角帽子」より/M.de ファリャ (森田一浩)
スペインの哀愁漂う名曲から5つの楽曲を抜粋しコンパクトな組曲に。
試聴
グレード5
「中国の不思議な役人」組曲/B.バルトーク (森田一浩)
20年の時を超えて完成した組曲版の全曲編曲
試聴
グレード5
黎明のエスキース/阿部勇一
夜明けのスケッチを意味するタイトルだが、この作品の意図するのは「時代の夜明け」。大政奉還から150年を記念して作曲されたこの作品は、この激動の時代を表すかのようなエネルギーとうねりを感じさせる。パワフルな金管がカギとなる、壮大な作品。
試聴
グレード5
I still have a dream/長生 淳
コンテンポラリーなが楽想と夢を抱えて歩む若者たちを応援する爽やかなメロディーが美しい。
試聴
グレード5
歌劇「アンドレア・シェニエ」より/U.ジョルダーノ (宍倉 晃)
この編曲版では全曲の中での劇的かつ華麗で、そして美しい場面を抜粋しています。
試聴
グレード5
歌劇「ばらの騎士」組曲/R.シュトラウス (森田一浩)
全3幕のオペラ「ばらの騎士」は、上演時間約3時間20分。組曲はそこからほんの一部分が抜粋されたものですが、それでも演奏に約22分かかります。
試聴
グレード5
「ダフニスとクロエ」第2組曲 (全曲)/M.ラヴェル (佐藤正人)
ラヴェルの名曲「ダフクロ」。全曲を収録した、佐藤正人氏編曲による決定版。
試聴
グレード5
《シャコンヌ》 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 二短調 BWV.1004 より/J.S.バッハ (森田一浩)
吹奏楽の響きを生かしたオーケストレーション、パイプオルガンを聴いているかのような荘厳さ、ヴァイオリンの繊細さなど様々な表情を見せる。
試聴
グレード5
「おほなゐ」~1995.1.17 阪神淡路大震災へのオマージュ (全3楽章)/天野正道
「おほなゐ」とは「大地震」を表す日本の古語で、阪神淡路大震災の記憶を風化させないための作品として作曲されました。
試聴
グレード5
バッハの名による幻想曲とフーガ/F.リスト (田村文生)
ピアノ作品を吹奏楽に再構築。単なる編曲ではない、田村氏のスパイスが効いた、新たな作品として生まれ変わり、大反響を得ている。
試聴
グレード5
ディオニソスの祭り/F.シュミット (校訂:鈴木英史)
原曲は、多くのサクソルン族楽器が含まれているが、通常楽器に置き換えた形のスコアがこの楽譜である。「編曲」としての手は加えられておらず、例えばPetitbugleはPiccolotrumpetに「置き換え」られている。
グレード5
楓葉の舞 (ふうようのまい)【全曲版】/長生 淳
「波の穂」「蒼天の滴」「翠風の光」に続く4作目で、この曲は秋になるわけですが、まるごと秋を描写した曲というのでもなく、らしからぬところもままあります。
グレード5
科戸の鵲巣 (しなとのじゃくそう)-吹奏楽のための祝典序曲【全曲版】/中橋愛生
今や全国大会常連曲。“祝典”の意図が感じられる冒頭のファンファーレが印象的。
試聴
グレード5
3つの交響的スケッチ「海」3楽章 風と海との対話/C.ドビュッシー(佐藤正人)
吹奏楽でもおなじみとなった名曲。その第3楽章「風と海との対話」を編曲。後半E.Hrn.の動機に導かれ押し寄せる波へと変化し、クライマックスを迎える。
試聴
グレード5
楓葉の舞 (ふうようのまい)【コンクール・エディション】/長生 淳
「波の穂」「蒼天の滴」「翠風の光」に続く4作目で、この曲は秋になるわけですが、まるごと秋を描写した曲というのでもなく、らしからぬところもままあります。
試聴
グレード5
藍色の谷/酒井 格
繊細な構成と美しいメロディーが特徴の酒井作品。こちらもその特徴がよく現れている。
試聴
グレード5
パッサカリアとフーガ ハ短調/J.S.バッハ (森田一浩)
伊奈学園総合高等学校の演奏で話題に。全曲をアレンジした決定版!吹奏楽ならではのダイナミックさを利用し再構築されている。
試聴
グレード5
天地の道 ~Ode for Sego~/福島弘和
西郷隆盛をテーマに作曲。短調と物悲しいメロディで紡がれる、14分のドラマティックなストーリー。
試聴
グレード5
ドデカフォニック・ファンファーレ/酒井 格
12音技法(ドデカフォニック)を用いて作曲。近代管弦楽作品を思わせるクラシカルな響きをベースに酒井氏のエッセンスが光る作品。
グレード5
Chirche (チルチェ) for Wind Orchestra/高 昌帥
朝鮮半島の伝統音楽に用いられるリズムの中でも、とびっきり複雑奇妙なのがこの“チルチェ”。高作品の特徴、密度あるサウンドと奇抜なリズムのアグレッシヴな作品です!
試聴
グレード5
Fantajia(ファンタジア)/高 昌帥
テキサス州で最も歴史のある私立大学であり、名実共に全米を代表するベイラー大学ウィンドアンサンブル委嘱作品。人気作曲家高昌帥氏の壮絶なハイグレード作品が登場です!拍子感の違うリズムが複雑に交錯しアンサンブル力が試されます!印象的かつ迫力のあるオープニングや、美しくロマンチックな響きが登場する場面も。そして展開された冒頭のテーマが繰り返され、華々しいエンディングを迎えます。腕に覚えのあるバンドに是非!
試聴
グレード5
交響詩「アラベラ」/R.シュトラウス (田村文生)
2017年全国大会の演奏で話題!R.シュトラウスの華やかなオペラを、交響詩として巧みに再構築。編曲者によるカット案も記載されているので、コンクールにも。
試聴
グレード5
「オルガン交響曲第4番」より/L.ヴィエルヌ (田村文生)
静岡大学吹奏楽団が演奏する同タイトルCDに収録。今年度の全国大会でも同校が演奏し、圧巻の演奏を聴かせた!ヴィエルヌのオルガンソロ作品を壮大な吹奏楽へと変貌させた、田村氏の手腕の光るアレンジとなっている。
試聴
グレード5
時に道は美し/長生 淳
2013年全国大会、2014年響宴で演奏。人類愛という壮大なテーマをもとに、確かな作曲技術から生まれる豊かなサウンドが響く。
試聴
グレード5
「鳳凰」~仁愛鳥譜/鈴木英史
この作品は、「愛」をテーマとした連作【1「ライフ・ヴァリエーションズ―生命と愛の歌」、2「カントゥス・ソナーレ」】の第3作目として書かれ、この3曲で『愛の3部作』を形成する。
試聴
グレード5
ピース、ピースと鳥たちは歌う/伊藤康英
カザルスの演奏で知られるカタロニア民謡「鳥の歌」を主題とした作品。美しい旋律、こだまする鳥たちの歌声、そして力強く輝かしいフィナーレは、平和を希求する強いエネルギーを感じさせます。充実した音楽内容はもちろん、自由曲として取り上げやすい演奏時間も魅力です。
試聴
グレード5
交響曲第5番「エレメンツ」/ジュリー・ジルー
人気女流作家ジュリー・ジルーの最新の交響曲!生きとし生けるものを包みこむ、母なる自然を題材にした壮大な作品です。
試聴
グレード5
ワイルド・グース(2017年版)/ライアン・ジョージ
1600前のケルト民族と大自然の様子、彼らを取り巻く神や精霊の様子をダイナミック且つ繊細で緊張感のあるサウンドで描かれた作品です。ハープとピアノパートをパーカッションに置き換え終結部前のパーカッションフィーチャー部分をカット。
グレード5
ウィンド・アンサンブルのためのシャコンヌ (2017年版)/J.S.バッハ (伊藤康英)
バッハの名曲「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV 1004」の終曲を飾る「シャコンヌ」。荘厳なこの作品の真髄を吹奏楽作品として生まれ変わらせています。トロンボーンアンサンブルからの幕開け、様々な楽器に受け継がれるメロディー、印象的な楽器配分のアレンジとなっています。
グレード5
交響曲「ガイア」/ジェイス・オグレン
このタイトルは古代ギリシャ語からきており、 交響曲とは、確立されたジャンルや形式ではなく、単に「一緒に聞こえる」という意味です。 ガイアはタイタン、ギリシャ神話における地球の女神。
グレード5
祝典序曲/ドミトリ・ショスタコーヴィチ(ハンスバーガー)
数あるショスタコーヴィチの作品の中でも人気の高い、疾走感あふれる名曲。
グレード5
パガニーニの主題による幻想変奏曲/ジェームズ・バーンズ
オーボエによって演奏される主題と、それに続く20の変奏曲で構成されています。
グレード5
青い水平線(ブルー・ホライズン)/フランコ・チェザリーニ
海または海に関する3つの楽章からなる15分の曲。様々なカットでコンクールでも演奏される。
グレード5.5
吹奏楽のための交響曲「ワインダーク・シー」(全楽章)/ジョン・マッキー
古代ギリシャ神話『オデュッセイア』をテーマにした全3楽章にわたる一大抒情詩。
試聴
グレード5.5
交響曲第3番 作品89/ジェームズ・バーンズ
亡き愛娘を追悼しつつ、未来への希望を綴ったバーンズの名曲。
グレード6
ブリュッセル・レクイエム/ベルト・アッペルモント
2016年3月、ベルギーの首都ブリュッセルを襲った連続爆破テロ事件に衝撃を受けて書かれた作品。“罪もなく”“冷酷に”“追悼 - 我ら甦らん”“新たな日”の4つの楽章で構成されている。
グレード6
交響曲第2番「キリストの受難」/フェルレル・フェルラン
全3楽章でキリストの誕生から磔刑までを描く超大作。40分の音楽絵巻に巨大編成で挑む。
試聴
グレード6
交響詩「アルプスの詩」/フランコ・チェザリーニ
雄大なアルプスを思わせる、この上なく美しい旋律が響き渡る。
グレード6
ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲/C.T.スミス
2018年9月より、手書き楽譜からコンピュータ浄書楽譜に切り替わりました。
試聴
グレード6
いにしえの時から/J.ヴァン・デル=ロースト
ヴァンデルローストの音楽の集大成ともいえる壮大な曲。
グレード6
宇宙の音楽/フィリップ・スパーク
ピタゴラス(ギリシャの哲学・数学者)は、当時確認されていた6つの惑星と太陽がそれぞれ音を発し和音を奏でていると考え、これを「Music of the Spheres」(天球の音楽)と呼んだ。本曲はこの概念に着想を得、宇宙の創生~現在~未来を描いた。
試聴
グレード6
交響詩「ローマの祭り」(全4曲)/O.レスピーギ (森田一浩)
ローマ3部作の中でも吹奏楽界で最も人気な「ローマの祭り」。この編曲はアレンジに定評のある森田一浩氏。ノーカット、全曲のセットです。
試聴
グレード6
アスファルト・カクテル/ジョン・マッキー
ニューヨークの街をハイスピードで駆け巡るタクシーを思い起こさせるクールな作品。
試聴
グレード6
タービン/ジョン・マッキー
冒頭の3分間は、荒々しくて、ズキズキするような緊迫感があります。
グレード6
交響曲第4番 「ブックマークス・フロム・ジャパン」/ジュリー・ジルー
ジルーが日本を題材に書き下ろした6楽章で構成する曲。
試聴
グレード6
アルメニアン・ダンス パートI/アルフレッド・リード
吹奏楽人なら避けては通れない大傑作。
グレード6
フェスティヴァル・ヴァリエーション/クロード・トーマス・スミス
壮麗なロマンチシズムと輝かしいパッセージを持つ作品。ホルンの難易度は目を見張るものがある。
グレード6
華麗なる舞曲/クロード・トーマス・スミス
高速なテンポ&細かいパッセージ、高度な技巧を要するソロの連続と、華麗なるモンスター曲。
グレード6
交響詩「モンタニャールの詩」/ヤン・ヴァンデルロースト
イタリア北西部「アオスタ」という山岳地方を題材にした壮大なスケールの作品。

チェックしたアイテム