編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
G.プッチーニ (後藤 洋)/Gr.5/7:00

レンタル楽譜:歌劇「トスカ」第一幕より[G.プッチーニ (後藤 洋)]

在庫
在庫あり
商品コード
YDAP-A13
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥43,200(税込)
税抜 ¥40,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:歌劇「トスカ」第一幕より(編曲:後藤 洋)

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:ジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini)
編曲:後藤 洋(Yo Goto)
演奏時間:7分00秒 (約)
グレード:5
主なソロパート:特になし
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo (doub. Flute 3)
Flute 1 & 2
Oboe 1
Oboe 2 (doub. English horn)
Bassoon 1 &2
E♭Clarinet
B♭Clarinet 1 , 2 & 3 (all div.)
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Contra-alto Clarinet
Soprano Saxophone
Alto Saxophone 1 &2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1 (doub. Flugel horn)
Trumpet 2 & 3
Horn 1 , 2 , 3 & 4
Trombone 1 , 2 & 3
Euphonium (div.)
Tuba (div.)
String Bass (div.)

Harp
Celesta & Piano
Timpani
【Percussion】4 players~
Snare Drum
Large Snare Drum
(or Field Drum)
Bass Drum
Crush Cymbals
Suspended Cymbal
Tam-tam
Crotales (opt.)
Glockenspiel (opt.)
Vibraphone
Marimba
Chimes
♪楽曲解説♪

この作品は2010年、石川県の金沢市立工業高等学校吹奏楽部(顧問:幸正勤也氏)の依頼により、コンクール自由曲として編曲されたものです。

ジャコモ・プッチーニ(1858-1924)の代表作のひとつである《トスカ》は、ヨーロッパが政治的変革の最中にあった1800年6月のローマを舞台としています。全3幕からなる歌劇で、主な登場人物は共和主義者の政治犯アンジェロッティと、その同志の画家カヴァラドッシ、カヴァラドッシの恋人の歌姫トスカ、そして王制ローマで警視総監として共和主義者を弾圧し、トスカに横恋慕するスカルピアの4人です。

アンジェロッティをかくまったカヴァラドッシが捕えられ、それを助けようとするトスカがスカルピアを刺し殺してしまう第2幕も、そして処刑されたカヴァラドッシを追ってトスカ自らも身を投げる第3幕も、それぞれに劇的で美しい旋律に溢れていますが、吹奏楽のためのこの編曲では、4人の登場人物のキャラクターとその関係が立体的に描かれ、冒頭で響く基本主題を軸にオーケストラが最も雄弁にドラマを主導する、すなわち演劇と音楽の両面で最も「交響的」な第1幕にポイントを絞り、そのドラマを約7分に要約して表現することをこころみました。

全体は以下の5つの場面から構成されています。【1】歌劇の導入部,【2】トスカとカヴァラドッシの2重唱(シーン5,この編曲では[A]~[C]),【3】脱獄してきたアンジェロッティがカヴァラドッシと教会で再会する場面(シーン4,[C]~[E]),【4】スカルピアに嫉妬心をあおられたトスカの嘆き(シーン9,[E]),【5】教会に集まった人々が歌うテ・デウムとスカルピアの独白(第1幕フィナーレ,[F]~)。これらの場面は幸正勤也氏と編曲者が討議を重ねた結果選ばれたものですが、主要な登場人物がそれぞれ中心となる場面を設定し、さらにコンサート・ピースとして独立できるような構成を目指しています。

プッチーニは非常に綿密にアーティキュレーション(特にアクセントとスタッカート)の指示を書き込んでいますので、この編曲でもそれらをできるだけ尊重するように努めました。音符以外の記号や指示の意味を探求することは、より説得力のある演奏へ近づくための大きな手がかりになるでしょう。また、ゆっくりとした場面が多いので、音楽の流れが停滞しないようにフレージングへの十分な配慮を怠らないようにしたいものです。

「テ・デウム」の鐘と大砲の響きは、打楽器とピアノの音色を組み合わせて作っていますが、楽器の選び方やバランスについてはそれぞれの演奏団体の工夫を期待します。教会に人々が終結して神を賛美することの意味、そこに大砲の音が響く意味を考えることで、場面にふさわしい音色がおのずから決定されるのではないでしょうか。

(後藤 洋)

チェックしたアイテム