編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
飯島俊成/Gr.5/10:00

レンタル楽譜:祈り その時、彼女は何を想ったのか ドゥブロフカ劇場(モスクワ)2002.10.26 [飯島俊成]

在庫
在庫あり
商品コード
YDOI-A15
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥32,400(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:祈り その時、彼女は何を想ったのか ドゥブロフカ劇場(モスクワ)2002.10.26

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪

八戸ウィンドアンサンブル第20回定期演奏会委嘱作曲(2005) 
指揮:飯島俊成

作曲:飯島俊成(Toshinari Iijima)
演奏時間:10分00秒 (約)
グレード:5
主なソロパート: Fl. / A.Fl. / B♭Cl. / Bsn. / Euph.
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo (doub. Flute &Alto Flute)
Flute 1 & 2 (div.)
Oboe 1 & 2 (doub. English horn)
Bassoon
E♭Clarinet
B♭Clarinet 1 , 2 & 3 (all div.)
Bass Clarinet 1 & 2
Soprano Saxophone
Alto Saxophone 1 & 2 (all div.)
Tenor Saxophone (div.)
Baritone Saxophone (div.)
Trumpet 1 (doub. Piccolo Trumpet)
Trumpet 2,& 3
Horn 1 , 2 , 3 & 4
Trombone 1 & 2
Trombone 3 (or Bass Trombone)
Euphonium (div.)
Tuba (div.)
String Bass

Piano
Timpani

【Percussion】5 players~
Snare Drum
Bass Drum
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Tam-tam
Wind Chime
Bamboo Chime
Shell Chime
Anvil
Glockenspiel
Xylophone
Vibraphone
Marimba
Tubular Bells
♪楽曲解説♪

 2002年10月23日、モスクワで劇場占拠事件がありました。数十人のチェチェン独立派ゲリラがミュージカルを観ていた観客を中心に922人の人質を取り、故郷チェチェンからの撤退と、政治犯として投獄されている同朋たちの釈放を求めるという事件でした。もし治安当局との戦闘になれば、ロシア特殊精鋭部隊に対抗できるはずはなく全員殺される、しかしプーチン大統領が譲歩するとも思えない・・・、全員が殺されることを前提として、それでも、故郷チェチェンでロシアに殺された大切な人の復讐のため、今なお故郷で多くの命を奪いつつあるロシアに一矢でも報いたい、あるいは世界の人々に故郷の惨状を訴えたいと思ったのかもしれません。

 劇場の中央には120キロの爆薬を仕掛け、ボタンを押せば劇場の建物は一瞬に崩壊し、自分達も、人質も、ロシア特殊部隊員も全員、死ぬ。起爆装置のボタンは一人の女性の手に委ねられたそうです。

 26日、ロシア特殊部隊突入。ゲリラはほぼ全員射殺。起爆装置のボタンは押されませんでしたが、特殊部隊の使用したガスによって200人近い人質も命を落としました。

 特殊部隊とゲリラの戦闘、その時、起爆装置を持った女性はいつでもボタンを押せた。でも押さなかった。

 その時、彼女は何を想ったのか・・・

 肉親を殺したロシア軍、ロシア人に対する憎しみは強かった筈、固い意志をもった同志であった筈、そうでなければ起爆装置をまかされることはなかったでしょう。

 彼女は何故、ボタンを押さなかったんだろう。復讐の鬼になることを誓った、でも、何故、押さなかったんだろう?ボタンを押さずに、仲間と共に身体中に銃弾を浴びて死んだ。

 いつでも押せたのに・・・・、押すことはいつでも出来たのに・・・・

 何故?

 殺戮は殺戮の連鎖しか生まない、憎しみは憎しみの連鎖しか生まない。もし、最期の瞬間、彼女の脳裏に肉親を殺された時の自分の哀しみが蘇えり、それが人質達の家族の嘆きと重なってボタンを押さなかったのなら・・・・



 事件解決への方針、部隊突入に至るまでの経緯等、おそらくロシアは事実をありのままに公表してはないでしょうし、殺されたゲリラが証言することも出来ません。だから数十人のゲリラと200人の人質が死んだ経緯は永遠に闇の中。人質をとって立てこもるゲリラの行動は許されるものではないけれど、「戦争」として行われる一般市民の殺戮も許さることはありません。どこかで憎しみの連鎖を止めることが出来ていたら、こんな事件は起きなかった筈です。



 「ねぇ、もう殺し合うことも、憎しみ合うことも止めようよ・・・・」

 そう、想います。

(飯島俊成)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム