編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
J.S.バッハ (森田一浩)/12:00/Gr.5

レンタル楽譜:パッサカリアとフーガ ハ短調 [J.S.バッハ (森田一浩)]

在庫
在庫あり
商品コード
YDAB-B07
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥49,500(税込)
税抜 ¥45,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:パッサカリアとフーガ ハ短調

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:ヨハン・セバスチャン・バッハ(Johann Sebastian Bach)
編曲:森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:12分00秒(約)
グレード:5
主なソロパート:特になし
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo (doub. 3rd Flute)
1st & 2nd Flutes
1st Oboe
2nd Oboe
(doub. English Horn in F)
1st Bassoon
2nd Bassoon
(doub. Contrabassoon)

Clarinet in E♭
1st Clarinet in B♭ (div.)
2nd Clarinet in B♭ (div.)
Alto Clarinet in E♭
Bass Clarinet in B♭
Contraass Clarinet in B♭

Soprano Saxophone in B♭
1st Alto Saxophone in E♭
2nd Alto Saxophone in E♭
Tenor Saxophone in B♭
Baritone Saxophone in E♭

1st Trumpet in B♭
2nd Trumpet in B♭
3rd Trumpet in B♭

1st & 2nd Horns in F
3rd & 4th Horns in F

1st Trombone
2nd Trombone
Bass Trombone

Euphonium (div.)
Tuba
String Bass

Celesta
Harp

Timpani

【Percussion】
Snare Drum
Bass Drum
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Triangle
Tam-tam

Glockenspiel
Vibraphone
Chimes
♪楽曲解説♪

 原曲は、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が1710年ごろに作曲したとされるオルガン作品。全体は、8小節の単声旋律に基づく20の変奏と、副旋律を加えた2声体のテーマを展開させる2重フーガからなっている。フーガ部分を21番目の変奏ととらえて、単に「パッサカリア ハ短調」と表記されることも多いが、パッサカリア部分と後半のフーガ部分がほぼ同じサイズで書かれているため、フーガ部の存在感が際立っている。こうした全体像の印象から考えるならば、やはり「パッサカリアとフーガ」の表記は妥当なのではないかと思われる。

数多いバッハのオルガン作品の中でも、壮大な構造美を持つ作品として評価が高いため、異種楽器への編曲が数多く存在する。ピアノ2手、4手を始め、オーケストラ編曲が豊富なのもこの作品ならではである。有名なところでは、指揮者レオポルド・ストコフスキーによる管弦楽編曲、同じく指揮者ユージン・オーマンディによる管弦楽編曲、イタリアのオットリーノ・レスピーギや、ロシアのアレクサンドル・ゲディケといった作曲家も管弦楽編曲を試みている。私はこの吹奏楽編曲に取りかかる準備としてピアノ編曲、管弦楽編曲のうち、楽譜が入手可能なもののほとんどを閲覧したが、それぞれに異なる個性が反映されていて大変に驚いた。通常、バッハ作品の編曲は、音楽がバッハの世界からはみ出さないように(あるいは、その延長線上で)改編していくものと心得ていたが、明らかにその範ちゅうを超えている編曲が多いのだ。ストコフスキー版の弦セクションの書法、ゲディケ版の金管と打楽器の扱い、そしてレスピーギ版に至ってはどう考えても "禁じ手"ばかりが並んでいる。この「パッサカリアとフーガ」は、それほどまでに編曲者の創造力をかき立てるにふさわしい素材であったのだろうか。

この疑問はまだ完全に消化されてはいないが、先達の試行を、時間をかけて自分なりに評価、整理して、少なからず参照することとした。従ってこの吹奏楽編曲は、私の他のバッハ編曲とは趣がかなり異なっている。強いて言えば、古典の近代的編曲であろうか。吹奏楽の編成が各種の編入楽器を加えた大規模なものとなっているのも、近代的な色彩を強調するためである。ただし、それらの特殊楽器がなければ演奏できない、という書きかたはしていないので、サポートしているパートの存在を確かめ、代替楽器を工夫していただきたい。

編曲は当初、埼玉県立伊奈学園総合高等学校吹奏楽部の依頼で書き進めた。全体の構成に沿ったオーケストレーションの流れが大切なので、全曲を書き終えたうえで、部分を抜粋、再構成して2018年度の吹奏楽コンクールで演奏された。

(森田一浩)

チェックしたアイテム