編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
B.バルトーク(高 昌帥)/Gr.5/8:40

レンタル楽譜:「弦楽四重奏曲 第2番」より 第2楽章 [B.バルトーク(高 昌帥)]

在庫
在庫あり
商品コード
YDAB-A03
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥37,800(税込)
税抜 ¥35,000
数量
-+

練習時間が、少ない!! でもこれがあれば大丈夫!

【Winds DVD】2019年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック
¥5,130

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:「弦楽四重奏曲 第2番」より 第2楽章

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:ベラ・バルトーク(Bela Bartok)
編曲:高 昌帥(Chang Su Koh)
演奏時間:8分40秒 (約)
グレード:5
主なソロパート:Picc. Fl. Cl. A.Sax.
Trp最高音:1st:C (↑) 2nd:G
その他:特殊な打楽器が必要ない
最少演奏人数:24名
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Picc.(doub.Fl.)
Fl.1&2
Cl.1&2 (all div.)
B.Cl.
A.Sax.
T.Sax.
B.Sax.
Trp. 1&2 (all div.)
Hrn.1&2
Trb.1&2
Euph. (div.)
Tuba
St.Bass
Timp.
♪楽曲解説♪

ハンガリーが生んだ20世紀最大の作曲家のひとりベーラ・バルトーク(1881-1945)は、この時代の他の作曲家と同様に、最初はワーグナーやリヒャルト・シュトラウスといった後期ロマン派の影響を強く受けながら、作曲家としての活動を開始しましたが、やがて民族主義運動に共鳴して、音楽の中でそれを追求する道を歩むようになりました。

彼は仲間の作曲家コダーイらとともに、祖国ハンガリーやその近隣諸国の民謡の採集・研究・分析に励み、これを抽象的な形で自身の創作の基盤に据えて、独自の作曲技法を生み出していったのでした。

バルトークは生涯にわたって、全部で6曲の弦楽4重奏曲を書きましたが、そのひとつひとつがそれぞれの時期の彼の作風を明確に反映したものとなっているので、研究面でもきわめて重要な分野となっています(その点では、ベートーヴェンやショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲と同じような側面を持っているということができます)。

弦楽4重奏曲第2番(作品17)は、1915年から1917年にかけて作曲され、1918年にブダペストで初演された、3楽章構成の作品です。まだロマン派の香りが強く感じられますが、その中に民族主義的な傾向も感じられる、過渡的な作品と位置づけられています。

【吹奏楽版について】大阪桐蔭高等学校吹奏楽部からの委嘱により編曲され、2005年7月全日本吹奏楽コンクール大阪北地区大会において初演。小編成でも演奏可能で、同時に技術的には中~高難易度なものとなるよう編曲しました。

演奏においては意表をつく変化自在のアゴーギクを柔軟に表現して下さい。また、響きにおいてもアンサンブルにおいても、大編成のように拡散する方向ではなく、非常に密度の高い音楽作りが望まれます。小編成の利点を生かし、室内楽的にアプローチして下さい。

(高 昌帥)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム