編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
M.グリンカ (黒川圭一)/Gr.4/5:30

レンタル楽譜:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲 [M.グリンカ (黒川圭一)]

在庫
在庫あり
商品コード
YDAG-G01
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥32,400(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:ミハイル・グリンカ(Mikhail Glinka)
編曲:黒川圭一(Keiichi Kurokawa)
演奏時間:5分30秒 (約)
グレード:4
主なソロパート: Fl. / Ob.(or B♭Cl.) / Bsn.(or Bass Cl.) / B♭Cl. / A.Sax. / Timp.
Trp.最高音: 1st / G  2nd / E
最少演奏人数:23名
編成:吹奏楽(小編成)
▼楽器編成▼
Flute 1 & 2
Oboe (opt.)
Bassoon (opt.)
E♭Clarinet (opt.)
B♭Clarinet 1 , 2 & 3 (all div.)
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1 & 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone (opt.)
Trumpet 1 & 2
Horn 1 & 2
Trombone 1 & 2
Bass Trombone (opt.)
Euphonium
Tuba (div.)
String Bass (opt.)
【Percussion】2 players~
Timpani
Marimba
Bass Drum (opt.)
♪楽曲解説♪

ミハイル・イヴァーノヴィチ・グリンカ(1804-1857)は、国外で初めて名声を得たロシア人作曲家として知られ“ロシア近代音楽の父”と称されている。“真のロシア的音楽”を初めて作ったといわれるグリンカは、リムスキー=コルサコフやボロディンらの「ロシア五人組」など、後世のロシア音楽に大きな影響を与えた。代表的な作品に、歌劇「ルスランとリュドミラ」のほか、歌劇「皇帝に捧げた命」(別名:イワン・スザーニン),「ホタ・アラゴネーサ」などがある。これらの作品はロシア的な芸術音楽の伝統の草分けであるだけでなく、ロシアの管弦楽的手法の基礎を築いたという意味においても、音楽史上における功績は大きい。

歌劇「ルスランとリュドミラ」は、ロシア文学を代表する詩人アレクサンドル・プーシキン(1799-1837)が1820年に書いた詩に基づいて、1837年から42年にかけて作曲された。グリンカは、歌劇の台本の制作をプーシキン本人に依頼していたのだが、プーシキンが、彼の妻(評判の美人であったという)にしつこく言い寄るフランス人との決闘の末に殺されてしまったため、やむなくヴァレリアン・シルコフら5人とグリンカ本人によって台本が完成された。しかし、共作であったために、台本はチグハグなものになってしまい、内容もプーシキンの原作とかけ離れたものになってしまった。歌劇の初演は1842年12月10日(露暦11月27日)にサンクトペテルブルクのボリショイ・カーメニー劇場にて、アルブレヒトの指揮で行われた。

歌劇の物語は、古代ロシア、キエフ大公国を舞台としている。大公スヴェトザーリの娘リュドミラ姫に3人の求婚者があり、騎士ルスランが選ばれて婚礼の祝宴を挙げていた。そのとき、悪魔チェルノモールが現れ花嫁リュドミラをさらっていく。スヴェトザーリ大公は、その場にいた3人に娘を無事に取り戻した者に娘を与えると改めて宣言し、ルスランを含む3人が救出の旅路に出て行くこととなる。

ルスランは、善良な魔術師フィンの助言を得て、悪魔を倒す魔法の険を手に入れる。一方、リュドミラ姫は悪魔チェルノモールの城で魔術に捕らわれないよう必死に抵抗している。するとルスランが登場し、手に入れた剣によってチェルノモールを倒すのだが、姫はルスランとの戦いの前にかけられた眠りの呪文によって目を覚まさない。ルスランは眠ったままの姫を抱いてキエフ大公国に戻ろうとするが、野営の際に、別の求婚者によって姫を奪い去られてしまう。その求婚者はキエフに戻り、大公に「私が姫を取り戻した」と言うが、大公は結婚を認めない。最終的に、ルスランが持ち帰った魔法の指輪によってリュドミラ姫は目を覚まし、ルスランとリュドミラの2人はめでたく結ばれる、というストーリーである。

初演時には、台本の拙さと、不協和音や半音階、全音音階などを積極的に用いた作曲技法が大衆に理解されなかったこともあり、失敗作と評されてしまった。時の皇族ミハイル・パウロウィッチ大公は『私の部下が私の機嫌を損ねるようなことをしたときには、罰として「ルスランとリュドミラ」を観に行かせることにしましたよ』とフランツ・リストに語ったと言われるほどの評判の悪さであった。

このように、初演時の評価は低かったのだが、物語の場面がフィンランドや悪魔の城などに飛び、幻想的なバレエ・シーンも含まれるといった世界観はメルヘン・オペラの規範となり、音楽的にも様々な民族的素材が織り込まれるなどの国民楽派的な作曲様式は、次世代のロシア人作曲家によって追随されることとなった。このように、ロシアの国民オペラの基礎としての音楽史上における意義は大きく、現在では作品の価値も見直されており、ロシアなどでは全曲の上演も行われている。

歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲は、歌劇とは独立した管弦楽曲として演奏される機会が大変多く、グリンカの全作品のなかでも最も親しまれている作品である。作曲者の表現によると「全速力で疾走する」ような、プレストのテンポで押し通すこの曲は、軽快で華麗な楽想と、しばしば「東洋的」と形容されるロシア風の旋律が印象的な作品である。

曲は、2分の2拍子の整然としたソナタ形式で書かれており、いずれの主題も歌劇のなかで用いられているものを素材としている。原曲はニ長調だが、このスコアでは吹奏楽編成の機能を考慮しハ長調に移調して編曲した。

冒頭、トゥッティで和音とともに駆けめぐるようなフレーズが奏され、続いて、快活な第1主題が提示される([A]~)。この部分では、木管群のメロディをに対して金管の伴奏が“聴いて”合わせようとすると、いわゆる“時差”によって金管楽器が遅れてしまいがちなので(曲のテンポの速さ故にその傾向が顕著になる)十分に注意したい。第1主題の変形による推移([C]~)を経て、第2主題が変ホ長調(原曲ではヘ長調)で提示される([D]~)。ロシア的な性格が強いこの主題は、第2幕の「ルスランのアリア」からとられたものである。旋律の中音楽器群は豊かな響きを意識して伸び伸びと歌ってほしい。

続く展開部は、冒頭の音形と2つの主題とが組み合わさっている。旋律と伴奏、あるいは室内楽的な部分とトゥッティとの対比を意識すると効果的であろう。[M]からは再現部で、第1主題は提示部と同じくハ長調で、続いて、第2主題([P]~)がここではト長調で奏される。[Q]から強奏になったときのシンコペーションの伴奏は、存在感のある幅広い立体的なサウンドを作りたいが、音量的にメロディを覆ってしまわないようには気をつけたい。

[S]からは、終結部に入る。357小節目からは第1主題の素材に重ねて、低音部に6音全音音階が現れる。この全音音階は、歌劇のなかで当時としては珍しいライトモチーフ的な性質を持っており、悪魔チェルノモールを表す音形として使われた。また、この全音音階はドビュッシーが愛用したことや、メシアンの“移調の限られた旋法”第1番として知られているが、西洋音楽史上で用いられたのは、この曲が最初の例である。

この吹奏楽編曲は、2007年4月14日にさいたま市民会館おおみやにて催された、さいたま市立浦和高校吹奏楽部第32回定期演奏会において、編曲者の指揮/同校吹奏楽部の2年生(当時)32名の演奏によって初演された。

(黒川圭一)

チェックしたアイテム