編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
M.P.ムソルグスキー(中橋愛生)/Gr.5/32:00

レンタル楽譜:組曲〈展覧会の絵〉[M.P.ムソルグスキー(中橋愛生)]

在庫
在庫あり
商品コード
YDAM-E02
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥57,240(税込)
税抜 ¥53,000
数量
-+

練習時間が、少ない!! でもこれがあれば大丈夫!

【Winds DVD】2019年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック
¥5130

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:組曲〈展覧会の絵〉

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:モデスト・ペトロヴィチ・ムソルグスキー(Modest Petrovich Mussorgsky)
編曲:中橋愛生(Yoshio Nakahashi) 
演奏時間:32分00秒 (約)
・第1プロムナード[1:32]
I.こびと[2:29]
・第2プロムナード[0:58]
II.古城[4:49]
・第3プロムナード[0:25]
III.テュイルリー[1:05]
IV.ビドロ[2:55]
・第4プロムナード[0:50]
V.殻をつけた雛鳥の踊り[1:17]
VI.サミュエル・ゴールデンベルクとシュムイレ[2:18]
・第5プロムナード[1:29]
VII.リモージュ 市場[1:24]
VIII.カタコンブ[1:50]
・死せる言葉による死者への呼びかけ[2:07]
IX.鶏の脚の上に建つ小屋[3:38]
X.キエフの大門[6:20]

グレード:5
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Picc.(1人以上)
Fl.(1&2)
Ob.(1人以上)
Bsn.(1人以上)
Contra Bsn.(Opt.)
Eb Cl.(1人以上)
Bb Cl.(6人以上)
B.Cl.(1人以上)
Contra B.Cl.(opt.)

S.Sax.(1人以上)
A.Sax.(1&2=opt.)
T.Sax.(1人以上)
B.Sax.(1人以上)

Trp.(5人以上)
Hrn.(4人以上)
Trb.(3人以上)
Euph.(1人以上)
Tuba(2人以上)
St.Bass(opt.)

Pf.

【Perc.1】
┌ Timp.
├ Glock.
├ S.Dr.
├ 4 T-toms
├ 2 Tri.
├ Cr.Cym.
└ T-tam

【Perc.2】
┌ B.Dr.
├ Wood Blocks
└ Keyboard-Harmonica

【Perc.3】
┌ Glock.
├ Sus.Cym.
├ T-tam
├ Tamb.
├ Chain
├ Whistle
└ Slide Whistle

【Perc.4】
┌ Mari.
├ Xylo.
├ Glock.
├ Vib.
└ Sus.Cym.

【Perc.5】
┌ Glock.
├ Vib.
├ Tubular-Bells
├ Sus.Cym.
├ 木鉦
├ Whistle
└ Slide Whistle

♪楽曲解説♪

<この編曲について>
「展覧会の絵」については、今さら解説を付すまでもないだろう。原曲はピアノ独奏曲であり、多くの人物による管弦楽編曲(特にモーリス・ラヴェル版)によって広く知られている。

吹奏楽でも演奏機会は多いが、そのほとんどはラヴェル版をトランスクリプションしたもの。今回はそうではなく、ピアノ独奏版から直接、吹奏楽に編曲したもので、吹奏楽でしか表現しえない色彩を目指した。同様に吹奏楽独自の編曲を行なったものでは他にジョン・ボイド版や高橋徹版、林光版などがあるが、それらとの解釈の違いも楽しんで頂けると幸いである。

編曲に際しては、いわゆる原典版と呼ばれるピアノ独奏のための楽譜を参考にした。ラヴェルによる管弦楽版はリムスキー=コルサコフによる改変が行なわれたピアノ譜を参考にした、というのはよく知られている。そのため、原典版に基づいた結果、主にダイナミクスにおいて大きな相違が見られよう。また、部分的にウラディミール・ホロヴィッツの解釈や装飾を取り入れている。ホロヴィッツによるピアノ演奏は、この曲が広く知られるようになったきっかけとして知られるもので、それに対する一種のオマージュである。

以下、各曲における編曲上の意識を綴る。

<第1プロムナード>
ホロヴィッツへのオマージュ。原典版にはダイナミクスの変化は記されていないが、ホロヴィッツの解釈に倣って付加している。

<こびと>
冒頭の動きでピアノ他に見られるのはホロヴィッツ版の改変。他にも随所でホロヴィッツ版の装飾を組み込んでいる。

<第2プロムナード>
シンプルな音色グループの推移を軸に、若干のエコーを追加。

<古城>
唯一、タイトルがイタリア語で記された曲。「中世の城の前で歌う吟遊詩人」とのことだが、原曲の歌の音域は男声には高い。そこで、より「吟遊詩人の歌」に近づけるため、原曲より1オクターヴ下げた。一般にモデルとされた絵は「チェルノモールの城」だとされているが、團伊玖磨はフランスの古城を描いた「ペリギューの風景」ではないかと述べている。ここでは後者を採り、フランスのシャンソンの香りを加味するためアコーディオンの模倣も行なった。

<第3プロムナード>
重々しいロシアの鐘をイメージ。

<テュイルリー>
一貫したリズムに重心の変化を与えた。また、「けんか」のためにモチーフ間の性格の対比を明確に。

<ビドロ>
タイトルはポーランド語。「牛車」とのことだが、題材となった絵は発見されていない。「ビドロ」には「家畜のように虐げられた人々」という意味もあり、圧政に苦しむ民衆を描いた「ポーランドの反乱」が題材ではないか、との説がある。これが本当かは分からないが、その説を採った。終始、抑圧された強さを持たせることを留意。リムスキー=コルサコフ版(およびそれを参考としたラヴェル版)はピアニシモで開始されるが、原典版はフォルテシモで開始される。

<第4プロムナード>
折り重なるフレーズ群に堆積形のオーケストレーションを。

<殻をつけた雛鳥の踊り>
「雛鳥」は複数形。そこで、たくさんの雛鳥が駆け回る錯綜感を出すことを心掛けた。コーダの直前の2小節間はラヴェル版ではカットされていたが、今回は採用。「金持ち」と「貧乏」の対比も勿論だが、「貧乏」の内部でのフレーズ間の対比も心掛けた。

<第5プロムナード>
第1プロムナードとよく似ているためか、ラヴェル版ではカットされたもの。今回はラヴェルへのオマージュ。ラヴェルが第1プロムナードに付したアーティキュレーションは独特だったが、今回それを強調している。

<リモージュ 市場>
とにかくゴチャゴチャしているので、特定のモチーフには決まったオーケストレーションを与えることで「発言者」を明確にして対話(けんか)させた。ラストには「ウェスト・サイド・ストーリー」よろしく警官が登場。

<カタコンブ>
移ろいゆく和音の陰影関係に留意。途中の葬送ラッパには、西洋の葬儀のときの風習に倣ってベルを黒い布で覆うように指示されている。

<死せる言葉による死者への呼びかけ>
16 分音符で刻むピアノはホロヴィッツ版による。

<鶏の脚の上に建つ小屋>
雷鳴や稲光など、雷のイメージ。

<キエフの大門>
tutti によるフォルテに段階を持たせることに留意。後半は壮大なカンパノロジーを目指した。終盤はラヴェル版と同様に、大編成での強奏に耐えうるよう小節構造を拡大している。

(中橋愛生)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム