編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
F.シュミット(校訂:鈴木英史)/Gr.5/10:00

レンタル楽譜:ディオニソスの祭り [F.シュミット(校訂:鈴木英史)]

在庫
在庫あり
商品コード
YDAS-F01
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥43,200(税込)
税抜 ¥40,000
数量
-+

練習時間が、少ない!! でもこれがあれば大丈夫!

【Winds DVD】2019年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック
¥5,130

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:ディオニソスの祭り

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:フローラン.シュミット(Florent Schmitt)
校訂:鈴木英史(Eiji Suzuki)
演奏時間:10分00秒 (約)
グレード:5
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Picclo(div.)
Flute 1,2
Oboe 1,2
English Horn
Bassoon 1,2
Contra Bassoon(Sarrusophon)
E♭Clarinet(div.)
B♭Clarinet 1&2(Solo),3(4div.),4(4div.)
Bass Clarinet(一部div. )
Contrabass Clarinet
Alto Saxophone 1,2
Tenor Saxophone(div.)
Baritone Saxophone(div.)
Bass Saxphone
Picc.Trp
Trumpet 1,2
Cornet 1,2
Flugelhorn 1(div.),2(div.)
Horn 1,2 
Alto Horn 1,2,3
Trombone 1,2,3
Bass Trombone
Euphonium(6div.)
Baritone in C(div.)
Tuba(div.)
String Bass(div.)
Celesta
Timpani
S.Dr.
Tenor Dr.
Tamb.
Cast.
Tri.
Tam-tam
Cym.
B.Dr.
Glock.(一部2人)
Xylo.


(代替可能)
Petit bugle→Picc. Trp.
Bugle1,2→Flugelhorn
Alto1,2,3→Alto horn
Baritone in B♭→Euph.(一部分)
Bass→Euph.
Contrabass→Tuba
※編成についてはお問い合わせください。
♪楽曲解説♪

【編成について】
◎F.シュミットが書いたギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団用編成に寄る原曲は、多くのサクソルン族楽器が含まれている。現在の吹奏楽編成ではその多くが入手困難であるため、現在の通常編成でも演奏が可能なように、サクソルン族の楽器を通常楽器に置き換えた形のスコアがこの楽譜である。

原曲はかなりの大編成を想定しており、各パートの人数が厳密に指定された精密なオーケストレーションがなされている。よってそれを簡略化した「編曲」はこの圧倒的な名作の質を歪めてしまう。この楽譜は「編曲」ではなく、置き換え=トランスポーズである。

◎置き換えは、以下の通りである。(左が原曲楽器、右が置き換えられた楽器)
Petit bugle→Piccolo trumpet     Bugle→Flugelhorn
Alto→Alto horn           Baritone→Euphonium(一部分)
Bass→Euphonium         Contrabass→Tuba

*「Baritone」の扱いについて
Baritoneを標準編成として組み入れたため、演奏に当たっては、BaritoneとEuph.をそれぞれ用意するのが望ましい(所々Euph.にoption.音として書き入れてある)。Baritoneが用意出来ない場合は、Baritoneの楽譜をそのままEuph.で演奏すること。Baritoneパートは演奏にあたって不可欠なパートである。

*SarrusophoneはContrabassoonで代用可能。

◎編曲は一切なされていないが、現在の楽器では演奏が困難と思われる音域等は、他の楽器にオプション指示として加えられている。

◎原曲のサクソルン族の楽譜はそのまま、スコア下段に掲載してある。楽器が調達できる場合は、極力それらを使うことが望ましい。

◎原曲は、Piccolo、Eb Clarinet、Baritone Sax等、に1st、2ndが指定されている。現代の編成では1人が通常だが、これもそのまま記した。

*(注)Jeu du Timblesは、原曲は「鍵盤付きグロッケンシュピール」を想定して書かれているが、この楽譜では通常のGlock.とした。最終小節のフレーズはGlock.で演奏するには2人の奏者が必要である。

◎原譜の明らかな間違いは訂正した。臨時記号の欠落箇所の補足が多くの訂正箇所である。

【表記について】
原曲は全てフランス語表記がなされている。特に発想標語は、通常の音楽用語より細やかで微妙なニュアンスが加わった指示が多い。よってこれも翻訳によりその雰囲気が失われないよう、英語やイタリア語に直すことは避けた。ただし楽器の奏法に関する指示(mute、mallet等)は英語表記にとした。

注目の特集一覧

チェックしたアイテム