編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
福田洋介/Gr.3/7:30

レンタル楽譜:春の詩 [福田洋介]

在庫
在庫あり
商品コード
YDOH-C09
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥32,400(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

練習時間が、少ない!! でもこれがあれば大丈夫!

【Winds DVD】2019年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック
¥5,130

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:春の詩

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:福田洋介(Yosuke Fukuda)
演奏時間:7分30秒(約)
グレード:3
主なソロパート:Cl. Trp. Timp.
Trp.最高音:1st:G 2nd:F
最少演奏人数:20名
編成:吹奏楽(小編成)
▼楽器編成▼
Fl.1 (doub.Picc.)
Fl.2

Cl.1&2
B.Cl.

A.Sax.1&2
T.Sax.
B.Sax.
Trp.1&2

Hrn.1&2

Trb.1&2

Euph.
Tuba
Timp.
【Perc.】
┌ Gong
├ B.Dr.
├ Sus. Cym.
├ Sleigh Bell
├ Bongo
├ Floor Tom
├ Tri.
├ Wind Chime
└ Crash Cym.
Glock.

*打楽器は3名で演奏可能
♪楽曲解説♪

「春の詩」は、東京都杉並区立阿佐ヶ谷中学校吹奏楽部第10回定期演奏会の記念に委嘱された作品。2011年3月31日同校体育館において、同吹奏楽部、作曲者自身の指揮により初演された。

福田洋介氏は、10年前一時廃部も検討された同校吹奏楽部が活動を再開し始めた、いわば“黎明期”の第1回演奏会から作品を手掛けており『この10年間にたくさんの活躍をした生徒たちと吹奏楽部を育んできた温かい地域の“思い”を目の当たりにしてきた。』と述べている。

“春”とタイトルに標してあるが、実はこの10年の“冬から春へ”が大きなテーマである。吹奏楽部の徐々に育っていくことと、春に花を咲かせる樹木とを重ねた作品である。それは福田氏が『“春を迎える”とは、冬を過ごし抜いた者のみに授かれる褒美なのではないかといつも思う。私自身ウメ・モモ・サクラの花を観るのが大好きで、これらの花が咲くたびに順番に春を待つ。つぼみを厳冬にキッと硬く結び、紐を丁寧に解くように花を付ける。なまめかしい色に春を確信する。咲き誇った時にはすでに静かに夏の準備も始まる。“思春期”というものも時代を超えて存在する。本来の自分がわからず、実感できない理想の自分とは違う本来の自分が見えてしまって嫌になり、わからない夢に思いを馳せ、自分と周囲を常に比較し、ごっこ遊びの恋愛感情が本物になり、世間知らずなのに世間を知り“オトナになりたくない”と思ったときには、すでに大人になっている。思春期とは静かで、激しい。「春の詩」は、葛藤だったり忍びだったり、理想への思いだったりする。静かな歌から始まり、移り変わる風景を見て、次第に活動的になり、やっと“春”を勝ち得る。』と記していることからも伝わってくる。

演奏にあたっては『全曲を通して“うた”が流れ渡ります。“うた”が自然にものになるためのイメージをお伝えすると、冒頭からの重い響きのコラールは“冬”がテーマ、長いブレス感で粛々と進める感じです。前半2部は、装飾音が入った音型は“こぶし”をイメージして、丁寧に素朴な唄が流れると良いでしょう。後半のアレグロは、活発なリズムの中にもフレーズ感は短くならずある程度の長さを意識してください。終結部のコーダのファンファーレは“訪れた春”を示し、曲中で最も華やかな雰囲気が欲しいところです。冒頭からコーダまでの展開に、うつろう“季節感”を表現してほしいです。』と述べている。

注目の特集一覧

チェックしたアイテム