編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
戸田 顕/Gr.3/5:00

平和への祈り/戸田 顕【吹奏楽レンタル楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
YDOT-B03
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥27,500(税込)
税抜 ¥25,000
数量
-+

そして全ては失われた&平和への祈り セットはこちら



宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:平和への祈り

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:戸田顕(Akira Toda)
演奏時間:5分00秒 (約)
グレード:3
主なソロパート: Oboe / Vocal
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Vocal (Soprano solo or Chorus)

Piccolo
Flute 1 & 2
Oboe
Bassoon
E♭Clarinet
B♭Clarinet 1 , 2 & 3
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Contrabass Clarinet
Alto Saxophone 1 & 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1 , 2 & 3
Horn 1 , 2 , 3 & 4
Trombone 1 , 2 & 3
Euphonium
Tuba
String Bass

Timpani
Suspended Cymbal
Bass Drum
Vibraphone
♪楽曲解説♪

2000年5月27日、NEC府中吹奏楽団 第25回 記念演奏会 のアンコールで発表されたこの作品は、ソプラノ独唱、或いは合唱を伴い、歌詞が無く、器楽的に扱われ、終始、穏やかに進む作品となっています。初演ではメゾ・ソプラノ独唱(小林由佳 氏)によって行われました。
1999年に発表された「そして全ては失われた」と2001年全日本吹奏楽コンクール課題曲の「平和への行列」(全日本吹奏楽連盟出版)の連作となります。

その「そして全ては失われた」が発表された際の、聴衆の方からのアンケート用紙に、“身につまされる思いがするので、楽譜を門外不出にして欲しい”との旨のコメントがあり、それがこの作品を創作するきっかけとなりました。

作曲者自身は政治を動かす力など無く、又、反核運動を起こすような力もなく、ただただ世の中の出来事を傍観する事のみですが、平和のために何かできる事をと考えた時、未熟ながらも創作し続け、精神的だけでも積極的に平和を願う必要があるのではないかと考えるものです。未だ地球上での争い事が絶えず、又、環境汚染問題も解決にはほど遠いものがありますが、作品を通じて、一人でも多くの方が積極的に問題を考えるようになれば、真の平和に近づく事が僅かながらでも加速されるのではないかと感じています。

(戸田 顕)

チェックしたアイテム