編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題:Cuban Overture/George Gershwin(Naoya Wada)

キューバ序曲/ジョージ・ガーシュイン(和田直也)【吹奏楽輸入楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
100265HA
メーカー
ティエロルフ (Tierolff Muziekcentrale)
¥39,919(税込)
税抜 ¥36,290
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:ジョージ・ガーシュイン(George Gershwin)
編曲:和田直也(Naoya Wada)
演奏時間:9:30(約)
主なソロパート:Picc/Ob/E.H./Bsn/Cl/Trp/
Trp.最高音:1st: High C/2nd: A♭/3rd: E
グレード:5~6
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo (doubling Flute 3)
Flute 1
Flute 2
Oboe 1
Oboe 2
English Horn
Bassoon 1
Bassoon 2
Contrabassoon
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Eb Alto Clarinet
Bb Bass Clarinet
Eb Alto Saxophone 1
Eb Alto Saxophone 2
Bb Tenor Saxophone
Eb Baritone Saxophone
Bb Trumpet 1
Bb Trumpet 2
Bb Trumpet 3
F Horn 1
F Horn 2
F Horn 3
F Horn 4
C Trombone 1
C Trombone 2
C Trombone 3
C Euphonium
C Basses
String Bass
Snare Drum & Bass Drum
Crash Cymbals & Suspended Cymbal
Cuban Sticks (Claves)
Maracas
Bongos
Timpani
Mallets: Xylophone, Glockenspiel
♪楽曲解説♪

1932年に書かれた、オーケストラのための作品。同年8月16日、ニューヨークのルウィソーン・スタジアムで、アルバート・コーツの指揮するルウィソーン・スタジアム・オーケストラによって初演されました。1932年2月、ガーシュウィンは2週間の休暇のため、友人とキューバを訪問しました。ハバナのホテル・アルメンダレスに滞在中、パラオ・ブラザーズやカストロ・ブラザーズなどのルンバ・バンドが部屋の窓の外に現れ、彼をもてなしたそうです。滞在期間中、ソン、ルンバ、コンガ、カウベル、クラベスなどの南米のリズムや楽器を多く聴き、実際に打楽器をニューヨークへ持ち帰るとすぐにこの作品に取り掛かりました。同年5月14日に彼の父親が亡くなり、ヨーロッパ行きの計画がなくなったこともあり、とにかくこの作品に打ち込むことに専念しました。7月に構想が終わり、自筆譜によると、8月9日にニューヨークでオーケストレーションが完成したようでした。自筆譜に書かれたタイトルは「ルンバ」でしたが、初演は屋外で行われたこともあり、この作品に不可欠な打楽器の音が十分に聞こえず、成功とはいえないものだったようでした。ただし評論家からはラヴェルの「ボレロ」と比較し、リズミカルで創意工夫に富んでいる点が好評だったようでした。音響の問題以外の評価は極めてよく、チケットは完売し、オール・ガーシュウィンで組まれたプログラムは好評を博したそうです。11月1日、メトロポリタン・オペラにて屋内初演された際にタイトルを「キューバ序曲」に変更し、作品のキャラクターや意図がより明確になりました。オーケストラの定番レパートリーという立ち位置の作品ではないものの、たびたび取り上げられる作品となり、世界中で160以上の演奏がCD化されていることからも、この作品の人気を窺い知ることができます。

曲の演奏ノウハウをシェア!吹きレポ♪

この曲の投稿を募集しています

吹きレポとは?

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム