編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
伊藤康英/Gr.5/18:00

シンガポール・シンフォニー(全3楽章)/伊藤康英【吹奏楽販売楽譜】

在庫
在庫わずか
商品コード
BS-148
JANコード
4995751819925
メーカー
イトーミュージック
¥44,000(税込)
税抜 ¥40,000
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲者:伊藤康英(Yasuhide Ito)
演奏時間:18分00秒 (約)
グレード:5
編成:吹奏楽
販売形態:販売楽譜(スコア+パート譜)
▼楽器編成▼
Flutes 1,2
Piccolo
Oboes 1,2
English Horn in F
Bassoons 1,2
Clarinet in Eb
Clarinet in Bb 1,2,3
Bass Clarinet in Bb
Soprano Saxophone in Bb
Alto Saxophones in Eb 1,2
Tenor Saxophone in Bb
Baritone Saxophone in Eb

Horns in F 1,2,3,4
Trumpets in Bb 1,2,3,4
Trombones in 1,2,3
Euphoniums (div.)
Tubas (div.)
String Bass

Piano
Harp

【Percussion 1】- left side
Chimes
Wood Block
Bass Drum

【Percussion 2】
Glokenspiel
Bongos

【Percussion 3】
Xylophone
Triangle

【Percussion 4】- center
Timpani
5 Temple Blocks

【Percussion 5】
Marinba
Tambourine

【Percussion 6】
Vibraphone
Steel Drum
Cabasa
Cymbals

【Percussion 7】- right side
Chimes
Wood Block
Bass Drum(large)
Tam(large)
(Steel Pan)
♪楽曲解説♪

 2002年4月に、敬愛するフレデリック・フェネル氏の代役として、シンガポールでの東京佼成ウインドオーケストラのコンサートの指揮台に立ったとき、私は日本を含めたアジアの連帯感を強く感じるようになった。
 それはまた、2005年の7月のシンガポールでのWASBEの成功を強く祈るきっかけともなり、IYWOにて、シンガポールをテーマとした作品を書こうと思い立った。
 2005年3月に取材のためシンガポールを訪れた際、この国に息衝くさまざまな文化(マレーや中国、あるいはインドネシアやインド、あるいは古くはイギリスの文化など)に改めて深く感銘を受けた。
 「シンガポール」とは、サンスクリット語で「ライオンの街」の意だという。しかし、「sin(sym)」は、欧米の言語では「共に」という意味も持つ。「シンフォニー」の「sin」でもある。そこでこの作品は、「シンガポール・シンフォニー」(Sinfonia Singaporiana)と題し、東南アジアの南の拠点であるシンガポールの活気に溢れる情景を、3つの楽章により描いたものである。
 
 2004年の私の誕生日にこの世を去ったフェネル氏は、アジアの吹奏楽をもっと発展させるんだよ、と私に託したのかもしれない。
 敬愛するフェネル氏と、WASBEの成功のためにこの作品を捧げます。(伊藤 康英)

チェックしたアイテム