編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題: Light of My Soul score only / David Gillingham

ライト・オブ・マイ・ソウル(スコアのみ)/デイヴィッド・ギリングハム【吹奏楽輸入楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
CAP11491
JANコード
804069114919
メーカー
C. Alan Publications
¥2,904(税込)
税抜 ¥2,640
数量
-+
ショップ会員がおトク最大8%ポイント還元
こちらはスコアのみです(スコア+パート譜のセットもあります)
#スコア+パート譜のセット

関連キーワード

#D.ギリングハム#C. Alan Publications

♪詳細情報♪

作曲者:デイヴィッド・ギリングハム(David Gillingham)
演奏時間:7分35秒
グレード:3
主なソロパート:Fl. / Ob.
Trp.最高音:1st:A / 2nd:Fis / 3rd:E
編成:吹奏楽
出版社:C・アラン・パブリケーションズ(C. Alan Publications)
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
楽器編成

Picc.
Fl.1-2
Ob.1-2
Bsn.1-2
Bb Cl.1-3
B.Cl.
A.Sax.1-2
T.Sax.
B.Sax.

Trp.1-3
Hrn.1-4
Trb.1-2
B.Trb.
Euph.
Tuba

Timp.

Perc.1:
Glockenspiel
Crotales

Perc.2:
Vibraphone
Templeblock
Crotales

Perc.3:
Sus.Cym.
Hi-Hat
Tom-tom
Tri.

Piano

解説
19世紀ドイツの讃美歌『Beautiful Savior』による幻想曲。
ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス同様の作品ですが、全体的にゆっくりの旋律部分が多いです。
演奏会のスローピース・レパートリーにもオススメです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
ライト・オブ・マイ・ソウルは、グスタフ・アドルフ・ウインドオーケストラの2006年のヨーロッパツアーのために指揮者のダグラス・ニモにより委嘱されたものです。

この作品は、讃美歌「イエス 君はいとうるわし」による幻想曲です。曲はフルートと1stクラリネットの静かなつぶやきがどだいとなって金管楽器が讃美歌の最初の2小節から取られた素材を奏し、ゆっくりと変ホ長調で始まります。ホルンが新しい表現力豊かなメロディーする変ロ長調へのブリッジとなる讃美歌の5小節目と6小節目をフルートとクラリネットの間で分けた提示部に続きます。このメロディーは和音的に讃美歌の「パートナー」となり、最終的には讃美歌と一つになります。新しいメロディーの最後のフレーズにトランペットが追加され、「イエス 君はいとうるわし」の冒頭の動機に基づいたフルバンドの移行部が続き、ニ長調の新しいセクションに進んでいきます。新しいセクションは、切迫感が特徴であり、賛美歌の最初のフレーズから派生した主題についてのフーガ風の対旋律が特徴です。次のセクションは、さまざまな和声で聞かれた賛美歌の最初のフレーズからの動機をベースに、ティンパニ、クロテイル、テンプルブロック、トムトムをフィーチャーしたセクションです。激しさが増し、加速し、サックス4重奏による「イエス 君はいとうるわし」を伴奏として、ピッコロとピアノが元気な対旋律を演奏するホ長調へ転調します。フルバンドによる移行部は動きがゆっくりとなり、音量も下がり、変ニ長調に転調します。そこでは「イエス 君はいとうるわし」と新しいメロディーが調和して組み合わされ、オーボエが新しいメロディーを奏し、ホルンが讃美歌を演奏します。新しいメロディーと讃美歌は最後のフレーズで喜びに満ちてドラマティックな結末を迎え、その後讃美歌の5小節目のモチーフを演奏するフルートにより始まる祝福へと消えていきます。

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム