編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
後藤 洋/Gr.4/5:40

クロスロード ~吹奏楽のための祝典序曲~/後藤 洋【吹奏楽販売楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
COMS-85047
JANコード
4995751814128
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
¥7,700(税込)
税抜 ¥7,000
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:後藤 洋(Yo Goto)
演奏時間:5分40秒 (約)
グレード:4
主なソロパート: Fl. / Ob. (or Fl.) / Trp. / Hrn. / Euph. (solo or soli)
最少演奏人数:23名
Trp.最高音: 1st / HighB As  2nd / F  3rd / Es
編成:吹奏楽(小編成対応)
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
▼楽器編成▼
Piccolo
1st Flute
2nd Flute (opt.)
Oboe
Bassoon (opt.)
E♭ Clarinet (opt.)
1st B♭ Clarinet
2nd B♭ Clarinet
3rd B♭ Clarinet (opt.)
Alto Clarinet (opt.)
Bass Clarinet
1st Alto Saxophone
2nd Alto Saxophone (opt.)
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone (opt.)

1st Trumpet (div.)
2nd Trumpet
3rd Trumpet (opt.)

1st & 2nd Horns in F
3rd & 4th Horns in F (opt.)

1st & 2nd Trombones
3rd Trombone (opt.)
Euphonium
Tuba
String Bass (opt.)

Timpani

【Percussion】5 Players~
Snare Drum
Bass Drum
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Tam-tam
Glockenspiel
Xylophone
Vibraphone
Chimes
♪楽曲解説♪

『クロスロード』にこめた願い

三重県は「人々が行き交うところ」です。古くから伊勢神宮や熊野に参詣する人々が集まり、今日でも名古屋と大阪のほぼ中間に位置する地の利から、多くの観光客が訪れます。そして、それらの人々が行き交う「道」があります。世界遺産に登録された「熊野古道」や伊勢神宮に通じる街道のみならず、海と山、平地と山地を結ぶ多くの道は生活の場、コミュニケーションの場、情報と文化の交流の場、そして過去と未来を繋ぐ場であり続けてきたはずです。私にとって、三重県を象徴するものは「道」であり、したがって、三重県吹奏楽連盟創立50周年記念作品のテーマを「道」とすることは、ごく自然なことでした。

曲名の『クロスロード』は「交叉道路」「十字路」のことですが「人が集まる場所」「活動の中心」といった意味もそこに含まれます。つまりこのタイトルには、吹奏楽という「世界と三重県を結ぶ道」を通じて、多くの人々が集まり、交流し、理解し合ってほしいという願いと、吹奏楽という「過去と未来を繋ぐ道」を通じて、50年の歴史に思いを馳せ、未来への展望を広げてほしいという願いがこめられているのです。

さまざまな人や考えが、さまざまな方向から集まる、という基本的なアイディアは、大がかりなファンファーレの体裁をとるこの作品の音楽的内容にも反映されており、ここでは異なる旋律やリズムがしばしば同時に(一見互いに無関係のように)進行します。道が曲がりくねり、分かれ、違う道と交叉するように、拍子や調性も時に入り組みます。決して演奏がやさしい曲とは言えませんが、その難しさを述べるとすれば、この点に集約できるでしょう。

しかし、無関係に見える旋律たちは、すべてひとつのシンプルなアイディア(5度の跳躍と音階)を母体とした兄弟なのです。そして、さまざまな個性の人々がさまざまな異なる音色で奏でるからこそ、吹奏楽はすばらしいのです。ひとりひとりが自立し、自信をもって、自分の音楽を奏でてほしい。ひとりひとりの音楽に、ひとりひとりが共感してほしい。これがこの曲にこめられた、もうひとつの願いです。

三重県吹奏楽連盟 創立50周年記念委嘱作品

(後藤 洋)

チェックしたアイテム