• バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
バッハ(宍倉 晃)/Gr.3.5/6:00

【楽譜】幻想曲ト長調 BWV.572 [バッハ(宍倉 晃)]

在庫
在庫あり
商品コード
COMS-85064
JANコード
4995751814807
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
¥7,560(税込)
税抜 ¥7,000
数量
-+
♪詳細情報♪

パイプオルガンは鍵盤を押すことでパイプに空気が送られて音が出る鍵盤楽器であり、管楽器でもあるのです。また、オルガンのパイプの中にはトランペットの音色が出るものもあり、管楽器の音を再現できます。 パイプオルガンの曲を吹奏楽に編曲した作品は原曲にとても近い存在かもしれません。

バッハの音楽を現代の吹奏楽で演奏することは、バッハ自身は想像していなかったかもしれませんが、 パイプオルガンのない会場でも教会の荘厳な響きを再現できるのなら、素晴らしいことではないでしょうか。

この編曲も原曲に基づいて行われています。現代曲のような表現は似合わないと思いますが、音楽に潜む自然なデュナーミクやアゴーギックは表現しない方が不自然でしょう。


作曲:ヨハン・セバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach)
編曲:宍倉 晃(Koh Shishikura)
演奏時間:6分00秒 (約)
グレード:3
編成:吹奏楽
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
▼楽器編成▼
1st Flute
2nd Flute
Oboe
Bassoon
E♭ Clarinet
1st B♭ Clarinet
2nd B♭ Clarinet
3rd B♭ Clarinet
Bass Clarinet
Contra bass Clarine
1st Alto Saxophone
2nd Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
1st Trumpet
2nd Trumpet
3rd Trumpet
1st Horn in F
2nd Horn in F
3rd Horn in F
4th Horn in F
1st Trombone
2nd Trombone
3rd Trombone
Euphonium
Tuba
String Bass
Timpani

Crash Cymbals
Bass Drum
♪楽曲解説♪

J.Sバッハは生涯にオルガンのための作品を数多く残しています。一般的には『トッカータとフーガ』などが有名で、対位法という分野を確立した第一人者と言われています。この曲は1708年、バッハが23歳の頃にオルガンのための作品として作曲され『Tres Vitment』『Gravement』『Lentment』の3部で構成されています。

この吹奏楽版は『Gravement』の部分を編曲しており、バッハの音楽に不可欠である格調高さと深い精神性に包まれた作品になっています。各楽器、各声部に美しさと生命力を吹き込みながら、音楽の素晴らしさを噛みしめながら演奏して下さい。

(宍倉 晃)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム