• バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
ヘンデル(田村文生)/Gr.3/6:00

【楽譜】私を泣かせてください 歌劇「リナルド」第2幕より [ヘンデル(田村文生)]

在庫
在庫あり
商品コード
COMS-85088
JANコード
4995751818867
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
¥10,800(税込)
税抜 ¥10,000
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Handel)
編曲:田村文生(Fumio Tamura)
演奏時間:6分00秒(約)
グレード:3
編成:吹奏楽
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
▼楽器編成▼
Piccolo (doub. 3rd Flute)
1st Flute
2nd Flute
1st Oboe
2nd Oboe
1st Bassoon
2nd Bassoon

E♭ Clarinet
1st B♭ Clarinet
2nd B♭ Clarinet
3rd B♭ Clarinet
Bass Clarinet
Contra-alto Clarinet

1st Alto Saxophone
2nd Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
1st Trumpet
2nd Trumpet
3rd Trumpet
(doub. Flugelhorn)

1st Horn in F
2nd Horn in F
3rd Horn in F
4th Horn in F

1st Trombone
2nd Trombone
3rd Trombone

Euphonium
Tuba
String Bass
Timpani

【1st Percussion】
Triangle
Snare Drum

【2nd Percussion】
Crash Cymbals
Suspended Cymbal

【3rd Percussion】
Chimes
Celesta

【4th Percussion】
Vibraphone
Glockenspiel

Harp
♪楽曲解説♪

この編曲作品は、G.H.ヘンデルのオペラ「リナルド」の第2幕で歌われる有名なアリアが基になっています。11世紀に十字軍がエルサレムを包囲し、やがて征服するという筋の中で、十字軍の騎士リナルドの恋人であるアルミレーナは、戦略上の理由で誘拐された際、愛するリナルドを想いつつ、以下のように歌います。

Lascia ch'io pianga mia cruda sorte, E che sospiri la liberta.
私の酷い運命に涙が流れるままに、そして自由を焦がれるままにさせてください。

Il duolo infranga queste ritorte, De' miei martiri sol per pieta.
この嘆きが 苦悶の縄を断ち切ってくれますように。

バロック時代のオペラやカンタータの中のアリアは典型的な「ダカーポ・アリア」という形式(ABA形式)で書かれていますが、繰り返されるA部は、始めのA部に装飾を加えて演奏される習慣がありました。その代表的なものがコロラテューラ的装飾や華やかなカデンツァであり、そこで歌手の演奏技巧が発揮されていました。そのような例は器楽においても見られ、例えばA.コレッリのヴァイオリン・ソナタでは、繰り返し部で華麗な装飾がなされています。

このような、書かれている音符はそのまま演奏されるのではなく、常に奏者によって更新され続けている例のように、この吹奏楽のための編曲では、習慣的装飾が調や音楽様式・形式へとさらに拡張され、結果的に変奏曲のようになりました。

音楽は様々に変奏されながら次第に高潮してゆきますが、それは不幸に対する嘆き、強固な意思、切実な願望など、様々な感情が内面から表出されるまでの葛藤を表すかのようです。

この作品は愛媛県立伊予高等学校吹奏楽部の委嘱により編曲、初演されました。

(田村 文生)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム