編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

【楽譜 サクソフォーンとマリンバ】マリンバ・レストラン マリンバとソプラノ・サクソフォーンのための組曲

在庫
在庫わずか
商品コード
EM-131
JANコード
4995751815439
メーカー
イトーミュージック
¥3,240(税込)
税抜 ¥3,000
数量
-+
♪詳細情報♪
ソプラノ・サクソフォーン1本とマリンバ1台の2重奏。
1楽章 前菜序曲
2楽章 スパゲッティ・マチェドーニア
3楽章 子羊のロースト
4楽章 シーザーサラダ
5楽章 ジェラート・コン・カフェ

作曲者:伊藤康英(Yasuhide Ito)
演奏時間:9分00秒 (約)
グレード:5
編成:ソプラノ・サクソフォーンとマリンバ
販売形態:販売楽譜(アンサンブル)
楽器編成
Soprano Saxophone in B♭
Marimba
♪楽曲解説♪

岸田佳津子さんからの委嘱で作曲。何か楽しい曲を書こうかなあと思い、まず「マリンバ・レストラン」のタイトルを決めました。で、オープニングは前菜序曲。マチェドーニア(マケドニア)は、人種の坩堝(るつぼ)ということから、スパゲッティの麺の絡み合いを人と人(男と女?)との絡み合いになぞらえてみました。(が、実際にこんな料理はありません)

子羊のローストは、コラール「おお、穢れなき神の子羊よ」の変奏曲。シーザーサラダは、アメリカ南部のシーザーというレストランの考案によるサラダで、古代ローマのシーザー(カエサル)将軍とは関係ないらしいのですが、ここではわざと、古代ローマ風のファンファーレにしてみました。

ジェラート・コン・カフェは、「甘いデザートですが、大人の人は、この甘さの中のコーヒーのほろ苦さに、人生を重ね合わせてみてください」と作曲家真島俊夫さんが書いており、なるほどと思い、このタイトルを拝借しました。

「レストラン」はイタリア語で「リストランテ」といいます。「再び元気づける」という意味を持っているのです。さあて、「マリンバ・レストラン」でフルコースを味わって、元気になろう!

伊藤康英

チェックしたアイテム