編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
♪詳細情報♪
作曲者:森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:5分50秒 (約) I [1:16]  II [2:01]  III [2:33]
グレード:4
編成:管・打楽器8重奏 (管楽器7+打楽器1)
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
楽器編成
Clarinet in E♭
Clarinet in B♭
Alto Saxophone in E♭
Trumpet in B♭
Trombone
Euphonium
Tuba
【Percussion】Glockenspiel / Xylophone
♪楽曲解説♪

1994年秋、前年に作曲した「テルプシコーレI」と同様、埼玉県立川越工業高等学校吹奏楽部のために、アンサンブル・コンテスト用のピースとして作曲。

シングル・リードのみの木管セクションと4パートの金管、それに鍵盤打楽器を加えた特殊な編成は、決して大所帯とは言えなかった同校吹奏楽部のメンバーを選抜した結果であった。

ミヒャエル・プレトリウス(1571-1621)が編曲、編纂した舞踏曲集《テルプシコーレ》(全312曲)の内のいくつかは、古楽合奏や金管アンサンブルのジャンルではスタンダード・ナンバーとして広く知られているが、この作品は《テルプシコーレ》の旋律線だけを借用し、リズムやハーモニーを自由に変更することで、古典舞曲の近代化を試みたもの。「I」に比べて原曲の束縛がより少なく、オリジナリティも豊かであるのは、特殊な楽器編成が私の発想回路を強く刺激した結果であろう。

なお「テルプシコーレII」は97年、内容を拡大したかたちで吹奏楽用に改編され「ヴィラネスカ組曲」のタイトルで発表された。こちらの作品はその後、フランスのギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団によっても演奏された。

チェックしたアイテム