• バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

【アンサンブル楽譜 サクソフォーン6重奏】ブエノスアイレスの春

在庫
在庫あり
商品コード
ENMS-84142
JANコード
4995751812179
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
¥3,672(税込)
税抜 ¥3,400
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲者:アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla)
編曲:黒川圭一(Keiichi Kurokawa)
演奏時間:5分20秒(約)
グレード:4
編成:サクソフォーン6重奏 (or サクソフォーン5重奏+St.bass(opt.))
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
楽器編成
Soprano Saxophone in B♭
1st Alto Saxophone in E♭
2nd Alto Saxophone in E♭
1st Tenor Saxophone in B♭
2nd Tenor Saxophone in B♭
Baritone Saxophone in E♭(or String Bass)
※オプションでSt.Bassパート譜が用意されています
♪楽曲解説♪

アストル・ピアソラ(Astor Piazzola, 1921-1992)は、世界で最も有名なタンゴの作曲家でありバンドネオン奏者であるといえるでしょう。ピアソラは幼少期をニューヨークで過ごした影響もあり、古典的なアルゼンチン・タンゴにクラシックやジャズの要素を融合させ、独自の音楽世界を創り上げました。「ブエノスアイレスの春」は「ブエノスアイレスの四季」と題された4曲からなる連作のうちの1曲で、1969年に作曲・初演されました。

このサクソフォーン・アンサンブル用の編曲は、山武市立松尾中学校吹奏楽部の委嘱により編曲したもので、2006年11月19日に同部サクソフォーン7重奏(S.Sax. 根本杏里、A.Sax.1 大村雪乃、A.Sax.2 鈴木亜裕美、T.Sax.1 花城涼子、T.Sax.2 小川弥生、B.Sax. 浅野有香、St.Bass 菱木美里)によって初演されました。

この編曲は、サクソフォーン6重奏だけで演奏できるように書かれていますが、オプションのコントラバス・パートを加えることにより、ベースラインの響きをより豊かに、またタンゴの雰囲気をより強く表出することができるでしょう。

演奏にあたっては、ピアソラの音楽世界をしっかりとイメージすることが大変重要といえましょう。曲中にしばしば出てくる半音の衝突は、バンドネオンの鋭い響きをイメージして、思い切り良く音をぶつけてください。

(黒川圭一)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム