編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

【アンサンブル楽譜 クラリネット8重奏】バッハの名による3つのバガテル

在庫
在庫あり
商品コード
ENMS-84234
JANコード
4995751813411
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
¥4,968(税込)
税抜 ¥4,600
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲者:森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:9分00秒 (約) I. [2:30] II. [3:10] III. [3:10] (約)
グレード:5
編成:クラリネット8重奏
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
楽器編成
Clarinet in E♭
1st Clarinet in B♭
2nd Clarinet in B♭
3rd Clarinet in B♭
4th Clarinet in B♭
Alto Clarinet in E♭
Bass Clarinet in B♭
Contra-alto Clarinet in E♭
♪楽曲解説♪

オブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱によって2008年に作曲し、8月に開かれた同アンサンブルのサマー・コンサート「オブローの夏休み」で初演された。2010年4月に「オブロー・クラリネット・アンサンブル リサイタルVol.21」で再び採りあげていただくことになり、これを機に若干の改訂をした。

初演時、私は多忙を理由に練習にも本番にも一切立ち会わず、いわば“書きっぱなし”の放漫な作曲家であった。ところが、後日送られてきた演奏会の録音を聴いて、正直なところ驚いた。決して解りづらい曲ではないものの、散文的なニュアンスや間のとりかたが絶妙で、作曲者としてほぼ文句のつけようがない演奏だったのだ。2,3の残された問題点も、それは演奏家の責任ではなく、書き手の不備が原因であることが聴けば聴くほど理解できた。そんなわけで、再演に際しての改訂は、言葉足らずだった筆運びを正すことに終始し、結果的に全体の小節数が多少増えた。

ヨハン・セバスティアン・バッハの姓の綴り、すなわち"B-A-C-H"をドイツ音名にあてはめ、これをモティーフに楽曲を創作する試みは、これまでにも多数の作曲家によって行われてきた。接近した半音進行が含まれるため、調性に別れを告げた近・現代の作曲家にも好まれた素材である。私は初めこのアィディアをギター独奏曲に採り入れ、親しいギタリストの友人のために「バッハの名による3つのソネット」として書いた。1983年のことであった。クラリネット・アンサンブルのための「3つのバガテル」は、27年前のこのギター曲を原型としたもので、もちろん細かい変更はいたるところにあるが、テーマの組成と発展のあらましはそのままになっている。

思い返せば、20代の後半に初めて出版され、レコーディングされた私のデビュー作もクラリネット・アンサンブル作品であった。演奏家との親交のなかから、この分野の作・編曲を量産していた時期もあったのだが、8重奏のオリジナルを書くのは本当に久し振りのことである。すばらしい演奏で私を刺激してくださったオブロー・クラリネット・アンサンブルの面々、そして私に作曲を勧めてくださったオブローの初代メンバー、斎藤紀一氏にこの場を借りて感謝の意を表させていただきたい。

(森田一浩)

チェックしたアイテム