編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
密を避ける活動の応援キャンペーン!
尾崎一成/Gr.5/8:30

サクソフォーン4重奏:妖怪のミニチュアーレ/尾崎一成【アンサンブル販売楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
ENMS-84544
JANコード
4995751823120
メーカー
ブレーン株式会社
¥3,740(税込)
税抜 ¥3,400
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:尾崎一成(Kazunari Ozaki)

演奏時間:8:30(約)
グレード:5
編成:アンサンブル
▼楽器編成▼
Soprano Saxophone in B♭
Alto Saxophone in E♭
Tenor Saxophone in B♭
Baritone Saxophone in E♭
♪楽曲解説♪

   妖怪とは何だろうか。それは時に人々の生活の中で、戒められるべき出来事を戒めるために人々が語り継いだものであり、時には身の回りで起こった恐るべき体験が変化したものである。
 この組曲では、日本絵画等に描かれた四つの妖怪を近・現代的な音素材によって技巧的、かつ特徴的に描き出している。
 第1曲の「姥が火(うばがび)」では、神社から灯油を盗んだことに怒り、火の玉に身を包んで襲ってくる老婆の妖怪、「姥が火」を描いている。二度の和音によるオスティナートと速いテンポが緊迫感を醸し出す。
 第2曲の「雪女」では、白装束を身にまとい、男に冷たい息を吹きかけて凍死させる妖怪雪女を表現している。ソプラノサックスの緊張感のあるソロと冷たい息を吹きかけるような不気味な音階が印象的である。
 第3曲では、道端からいきなり出てきて、美しい女を誘惑する一つ目妖怪「骨唐笠」を表現している。楽曲全体にわたり、現代的な音階と洒落たリズムによる主題が用いられている。
 最終曲第4曲は「牛鬼」である。鬼の顔に牛の角が生え、体は蜘蛛である、恐ろしく不気味な妖怪で、性格も凶暴、人を食うことで知られている。この妖怪は主に浜辺に現れるといい、地獄の獄卒獣とも称される。
 音楽的には、その素早い足の動きがスケルツォ風の半音階によって示され、これまでの楽章の主題が全て現れる。

 全体的に技巧的な作品ですが、コンテストなどではその点を効果的にアピールできます。
 また、メシアンの移調の限られた旋法を基にして作られた部分が多く、練習の際にもこれを参考にしてみると良いかもしれません。

(尾崎一成)

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム