編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題:Consider The Birds /Ryan George

打楽器12重奏:コンシダー・ザ・バーズ/ライアン・ジョージ【アンサンブル販売楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
GOMS-90051
メーカー
フォーナイン・ミュージック(Fornine Music)
¥8,580(税込)
税抜 ¥7,800
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:ライアン・ジョージ(Ryan George)
演奏時間:8:50(約)
グレード:--
編成:アンサンブル
▼楽器編成▼
Metals 1: Glockenspiel, *Crotales
Metals 2: *Crotales, Glockenspiel, Chimes
Metals 3: Xylophone, *Crotales, Glockenspiel
Vibraphone 1
Vibraphone 2
Marimba 1
Marimba 2
Marimba 3
Marimba 4 (Five 8va required)
Timpani
Percussion 1
- Ice Bell
- Triangle
- Large Sus. Cymbal
- Ride Cymbal
- Hi-Hat abbreviated HH
- Hi Woodblock (can be shared with Perc 2)
- Small China Cym abbreviated Chi(S)
- Large China Cym abbreviated Chi(L)
- Splash Cym abbreviated Sp

Percussion 2
- Small Roto Tom
- Finger Cymbals
- Concert Bass Drum
- Tam-Tam
- Tom Toms x 4 (hi to low)
- Kick Bass Drum
- Large Suspended Cym (can be shared with Perc 1)
- Woodblocks: Hi & Low
♪楽曲解説♪

ムクドリが群れをなすことをざわめき(murmuration)といいます。その数は数百羽から百万羽を超える大規模なものまで様々です。まるで風に操られた巨大な煙のように、この鳥の液体のような形は、締まったり開いたり、猛烈なスピードで爆発したり、ホバリングのように浮遊したりします。それは、自然の偉大なコラボレーションの一つです。 さて、このようなムクドリの壮大な集団と、電線の上に座っている一羽の鳥のイメージを対比してみましょう。単一で、独立していて、屈託がなく、聞いてくれる人のために自分の歌をさえずります。しかし、それは一瞬にして消え去り、空での別の振り付けられたダンスに参加するために足場を離れます。 「コンシダー・ザ・バーズ」では、12/8の3連符で展開する数字を中心とした音楽的な "murmurations "が使われています。乱れた和音は、ゆっくりと、そして突然に変化し、メロディーラインはマリンバの全音域に沿って登ったり、潜ったりします。その一方で、ゆっくりとした静寂の中での瞑想の時間もあります。シロフォンなどの鍵盤打楽器で作られた会話のような「さえずり」を、シンプルな和音で表現しています。この作品は最終的にこの2つの印象の間を行き来しながら、広大な集団と小さくて単一なものの間を行き来します。 「コンシダー・ザ・バーズ」はラージ・パーカッション・アンサンブルのために書かれたもので、テキサス・クリスチャン大学パーカッション・オーケストラとそのディレクターであるブライアン・ウエスト氏により委嘱されました。

曲の演奏ノウハウをシェア!吹きレポ♪

この曲の投稿を募集しています

吹きレポとは?

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム