編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題: B - Side Concerto / Luis Serrano Alarcon →ロックバンド×吹奏楽という異色の組み合わせが生み出す新しい可能性が見える作品

ロックバンドと吹奏楽のためのBサイド・コンチェルト/ルイス・セラーノ・アラルコン【吹奏楽レンタル輸入楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
GORA-A04
メーカー
Alarcon Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥55,000(税込)
税抜 ¥50,000
数量
-+
▼ 「スコアのみ」の販売も行っています。▼
[スコア]
#Alarcon Music
♪詳細情報♪
作曲:ルイス・セラーノ・アラルコン(Luis Serrano Alarcón)
演奏時間:16分30秒(約)
グレード: Soloists 6 , Wind Ensemble 5
編成:ロックバンドと吹奏楽
▼楽器編成▼
Flute 1
Flute 2 (Changes to Tenor Flute in C - Optional)
Flute 3 (Changes to Piccolo)

Oboe 1, 2
English Horn
Bassoon 1, 2

Clarinet in Bb 1, 2, 3
Bass Clarinet
Contrabass Clarinet in Bb

Alto Sax.1, 2
Tenor Sax.
Baritone Sax.

Horn in F 1, 2, 3, 4

Trumpet in Bb 1, 2, 3

Trombone 1, 2, 3

Euphonium
Tuba


Electric Guitar
Electric Bass
Keyboards
Drums
Timpani

Percussion 1
Tam-tam
Vibraphone
Tambourine

Percussion 2
Suspended Cymbal
Pair of Cymbals
Marimba (*)

Percussion 3
Xylophone
Marimba (*)

Percussion 4
Glockenspiel
Bass Drum
Marimba (*)

(*) Only one Marimb.
♪楽曲解説♪

B-Side Concerto, an unclassifiable piece, is born from the necessity shown other times by the composer, of combining elements from different musical traditions. In this case, a rock band (electric guitar, electric bass, keyboard and drums) is the main element which converses or confronts the symphonic ensemble. The intention of the composer is not making Symphonic Rock but the opposite: integrating the tools from other musical styles for getting his own language, an unequivocal personal expression. The piece, divided into three parts without internal pauses, features two main superimposable motifs (a and b), which appear transformed during the whole work:

These two motifs are especially used on the second and third Modes of limited transposition. This modal use, combined with the timbre of the rock band, gives the group a mysteriously seductive sonority.

The first part of the piece is divided into two sections. First of them, in medium tempo, introduces and repeats the two motifs in several ostinati which drive the music to a first climax prior to the first apparition of the electric guitar, which is the undisputed leader during the whole piece. The second section, which is frenzied and very virtuous, is characterized of the distorted sounds of the solo guitar:

The second part begins with an introduction in which appears a new variant of the b motif. This variant is exposed twice, in imitative form: first of them played by the tuba and the second time by the electric bass and the Hammond organ, which is one of the most characteristic sounds of this part. After this introduction, the only one theme of the piece, with an obvious blues essence, is introduced by the guitar:

After a brief and tranquil transition, the theme is recapitulated brilliantly by the saxophone section. In the end of this theme, a chromatic cell (c) which appeared sometimes accompanying the theme, becomes suddenly into the main element that, under an accelerando, drives the music to an important development section.

In this new section, the c cell is used as the head of a soggetto with which the composer makes a fugato with five entries. In the end of the brilliant fifth entry, the same c cell is transformed to an obstinate groove upon which the soloists make a large improvisation. The second part of the piece ends with a free last exposition of the theme played by the tenor flute. This melody is splashed by some interventions of the solo guitar with delay effect which announce, using the first three notes of the b motif, the imminent arrival of the third part.

The third part is basically a recapitulation of the first one, but with important differences. In the first section, in medium tempo, the melody of the solo guitar leads the group, while the second one is now a big transition for connecting the final Coda. This last section, written in a style close to the Hard Rock, is built with a variant of the beginning of the second part which is repeated some times around E, which is main tonic of the whole piece. With a frenzied succession of 16th notes in parallel motion of octaves which drives until a blunt E the work ends definitively:

チェックしたアイテム