編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
密を避ける活動の応援キャンペーン!
原題: NEBULA / Wataru Hokoyama

ネビュラ/鋒山 亘【吹奏楽レンタル輸入楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
GORH-A03
メーカー
オーディカ・ミュージック(Audica Music)
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥33,000(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

♪詳細情報♪

作曲者:鋒山 亘(Wataru Hokoyama)
演奏時間:9分30秒 (約)
グレード:4
主なソロパート:Trp.
Trp.最高音:1st:High H / 2nd:High B♭ / 3rd:A
編成:吹奏楽

▼楽器編成▼

Picc.
Fl.1-2
Ob.
E.Hr.
Bsn.1-2
Contra Bsn.
Bb Cl.1-3
B.Cl.
Contra B.Cl.
A.Sax.1-2
T.Sax.
B.Sax.

Trp.1-3
Hrn.1-4
Trb.1-3
B.Trb.1-2
Euph.
Tuba
St.Bass

Timp

Piano

Harp

【Perc.】
S.Dr.
4 Toms
Tam-tam
Sus.Cym.
C.Cym.
Break Drum.
Chimes
Tri

♪楽曲解説♪

この曲はネバダ州立大学吹奏楽団からの委嘱作品として書かれた作品です。

「ネビュラ」という言葉を直訳すると「星雲」と出て来ます。光を放たない暗黒星雲や、光を放射する散光星雲の事を指す言葉になるようです。この曲では、それを自分なりの解釈で、宇宙の星雲と、自分の「心の星雲」を照らし合わたつもりで名付けました。

人の心は無限に広く、そして深く、まるで宇宙のような神聖さと神秘性があるように感じます。その心の中には、光を放ち明るく輝く部分もあれば、光が封じ込められ入り込む隙もないかのような暗い闇に閉ざされた部分もあります。ネビュラは、この心の真っ暗な闇の中を彷徨って、明るい出口を見いだそうともがく心(魂)の大きな旅を描いた曲です。

冒頭のエピックな部分は、立ちはだかる闇(試練)の暗黒星雲が目の前に広がる様子で、自分には太刀打ち出来ないのではないかと思う程の規模で視界を覆い尽くします。ホルン、トロンボーンさんは、非常にBrassyに、迫力ある演奏をしてみて下さい。曲の途中で所々出てくるトランペットのソロは、行き場も方向性も見失い、無気力に闇の中を彷徨う心(魂)を表現しています。

ピアノの低音とパーカッションで繰り広げる速いセクションは、狂気の部分です。人間って、暗く息苦しい所に自分をずっと押し込めていると、気が狂うと思うのですが、まさにそんな狂気をもがき駆け抜ける場面です。役にハマって演じきる感覚で、多少ヒステリックに演奏して、感情移入を楽しんでみて下さい。

後半のアダージョのような部分は、ある意味、これまで闇に対抗してもがいていた葛藤や怒りや狂気に苦しんだ部分を「諦める」,「手放す」といったプロセスに移行する心(魂)が体験する、一時の失望や悲しみだったりしますが、その感情を体験した後、まもなく新しい扉が開いて、眩しい太陽光が闇を照らすかのような大きな変革を迎え入れ、曲はダイナミックに「浄化」されていきます。ちょうど金管の低音楽器から高音楽器へ移行する、大きな岩戸が開くようなフレーズがそこです。大きな岩戸が開き、閉じ込められていた光が一気に大放出され、さらに心/宇宙は光を放ちながら明るく満ちて行きます。

スゥーッと周りが穏やかになり、最後にもう一度、トランペットのソロが入ります。このソロは、闇や重さから解放され、自ら輝きを発するようになった心を表現するかのような、新しく生まれ変わったかのような感覚で演奏してみて下さい。そして最後は、見渡す限り光に満たされた心/宇宙が、さらにその輝きを膨らませて一気に拡散して、次の明るい旅に向けて出発するような余韻と共に、この曲の最後の音を宇宙に向けて元気よく手放して下さい。

全般を通して、映画の中の役者になりきった感じで「演じて」楽しんでみて下さい。怖そうな部分は怖そうに、ヒステリックな部分はヒステリックに、悲しい部分は本当に悲しく、そしてまばゆい光が膨らむ部分は、自分のありったけの希望や喜びや、愛情なんかを大放出しながら、色んなビジョンを心に創造しながらこの曲を演じきってもらえれば、作曲者として最高に嬉しいです。

演奏後は自分の素に戻るよう、練習室やホールから外に出て、深呼吸して一休みして下さい。

Enjoy!

(鋒山亘)

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム