選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題:Tuba Concerto Espanol/Kurt Gable

テューバ・コンチェルト・エスパニョール/クルト・ゲーブル【吹奏楽輸入楽譜】

在庫
お取り寄せ約1ヶ月
商品コード
MVSR-2077
メーカー
ルンデル / Rundel
¥17,468(税込)
税抜 ¥15,880
数量
-+

♪詳細情報♪

作曲:クルト・ゲーブル(Kurt Gable)
演奏時間:8:50(約)
グレード:4
編成:吹奏楽

▼楽器編成▼

解説
《演奏にあたって》
ポップス調のテューバのソロ。ソロ譜はC管とB♭管で書かれています。
曲はattaccaによる3楽章で構成されています。曲が長い割にはソリストの休み部分が多く、負担は少なくなっています。伴奏者も目立てる曲とも言えます。
ソロ自体は、音域はほどよい音域(多くのテューバ・ソロ曲は音域が高い)です。気になる音は3楽章2分30秒あたりに出てくるカデンツァ途中の最低音Fです。しかし楽譜上では補助としてオクターブ上でも書かれていますので問題はないでしょう。
伴奏は、ソロの休み部分が多いため、多くのパートが旋律を受け持ちます。伴奏だけが目立たないよう、ソロへの受け渡しは注意を払いたいところです。
編成は標準編成です。全体を通じてOb.とBsn.はなくても演奏できるよう代替楽器の指定がされています。また、2楽章冒頭のHrn., A.Sax.はB♭Cl.が、1分頃のOb.のソロはA.Sax.が代替楽器として書かれています。
時間が長いようでしたら、一番スペイン風に書かれた3楽章だけ独立して演奏するのもいいでしょう。

《演出案》
・3楽章のみの単独使用も可能
・カデンツァの箇所はステージを真っ暗にしてテューバにピンスポットを当ててみよう
・テューバではなくSt.Bassで演奏してみよう

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム