選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
原題: Spassvogel-Variationen / Alfred Bosendorfer

シュパースフォーゲル変奏曲/アルフレッド・ベーゼンドルファー【吹奏楽輸入楽譜】

在庫
お取り寄せ約30日
商品コード
MVSR-2526
メーカー
Rundel
¥17,468(税込)
税抜 ¥15,880
数量
-+

♪詳細情報♪

作曲者:アルフレッド・ベーゼンドルファー(Alfred Bosendorfer)
演奏時間:4分00秒
グレード:2.5
出版社:ルンデル(Rundel)
編成:吹奏楽
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
楽器編成
Solo:
Fl.
F.H./Trp.
T.H.
Euph.
Tuba
Mallets.
Picc.
Fl.
Ob.
Bsn.1-2
Eb Cl.
Bb Cl.1-3
B.Cl.
A.Sax.1-2
T.Sax.
B.Sax.
Cor./F.H.1-2
Trp.1-3
Hrn.1-2
Trb.1-3
Euph.
Tuba1-2
Timp.

Mallets:
Glockenspiel

Perc.1:
S.D.
B.D.
Cym.

Perc.2:
Cym.
Tamb.
解説
《演奏にあたって》
Euph.で録音されていますが、これほど多くの楽器でソロの可能な曲はめったにありません。変奏曲なので色々な場面が楽しめます。冒頭とラスト部分以外は、休みも多く取ってあり、ソロの負担が少ない曲です。全般にソロ部分は、特に難しい部分はありませんが、中間部の5連符と3連符の連続する部分が注意する点でしょう。伴奏も含め変奏曲の変化を充分出す演奏を心がけましょう。
とにかく沢山の楽器でソロが可能な曲ですから、皆さんのバンドの編成に合わせてソリストを決めるのも一つの方法です。
編成は、3rd B♭Cl., 2nd A.Sax., 3rd Trp., Trb., 2nd Perc.(Tamb./Cym.)がオプションです。小編成でも可能ですが、Bsn.が2パートあります。他の楽器と重なっていますのでBsn.がない場合は、ソリストとの兼ね合いで、必要な音がなくならないよう注意してください。20名台で演奏できるでしょう。

《演出案》
・ソロ可能楽器が多いので変奏ごとに楽器を入れ替えてみよう
・色々な楽器を組み合わせてユニゾンのソロに挑戦してみよう

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム