編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

【楽譜 サクソフォーンとピアノ】オーヴェルニュの歌 第1集

在庫
在庫あり
商品コード
NAE-EA406
JANコード
4995751817020
メーカー
イトーミュージック
¥3,960(税込)
税抜 ¥3,600
数量
-+
♪詳細情報♪
1. 羊飼いの娘 
2. バイレロ 
3. 3つのブーレ a)- 泉の水 b)- どこに羊を放そうか c)- あちらのリムーザンで

作曲者:ジョゼフ・カントルーブ(Joseph Canteloube )
編曲:伊藤康英(Ito Yasuhide)
演奏時間:14分00秒 (約)
グレード:5
編成:サクソフォーンとピアノ
販売形態:販売楽譜(アンサンブル)
楽器編成
Alto Saxophone in E♭( doub. Soprano Saxophone in B♭)
Piano
♪楽曲解説♪

大学院在学中の頃、ソプラノ歌手・嶺貞子先生のピアノ伴奏を務めていた。先生の声は多彩に輝いていて、そのお陰で「音色」というものを学んだ。先生の得意としていたレパートリーの1つがこの「オーベルニュの歌」。その後、この曲のレコードやCDなどを数多く聴いたが、先生以上に色彩感豊かな演奏に出会ったことがない。

この曲をサクソフォーンで演奏したらいいよと雲井雅人さんに薦めてピアノ5重奏が伴奏する版を作り、1994年4月10日「雲井雅人サクソフォーン・リサイタル」(サントリーホール、小ホール)にて演奏、さらに、このピアノ伴奏版も作った。

原曲は、カントルーブが蒐集し編曲したフランスのオーベルニュ地方の民謡。演奏に際しては、原曲のオーベルニュ語のリズム感や色彩感を生かしてほしい。また、ピアニストは、オーケストラをも凌駕する色彩感をもって演奏してほしい。第2曲「バイレロ」途中のピアノは、和音に基づいた即興。部分的に右手も加え、美しくアルペッジョを奏でてほしい。

伊藤康英

チェックしたアイテム