編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
A.グラズノフ (榛葉光治)/Gr.4/11:00

バレエ音楽「ライモンダ」より/A.グラズノフ(榛葉光治)【吹奏楽レンタル楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
YDAG-A05
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥38,500(税込)
税抜 ¥35,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:バレエ音楽「ライモンダ」より [グラズノフ(編曲:榛葉光治)]

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000

♪詳細情報♪

楽曲構成:
序奏、スペインの踊り、第一幕 ヴァリエーションⅠ、ギャロップ、アポテオーズ

作曲:アレクサンドル・グラズノフ(Aleksandr Konstantinovich Glazunov)
編曲:榛葉光治(Koji Shimba)
演奏時間:11分00秒(約)
グレード:4
最少演奏人数:28名
主なソロパート: Fl. / Ob. (or Picc.,Fl.) / B♭Cl.
Trp.最高音: 1st / As  2nd / F  3rd / D
編成:吹奏楽(小編成)

▼楽器編成▼

Piccolo
1st Flute
2nd Flute

Oboe (opt.)
Bassoon (opt.)

E♭ Clarinet (opt.)
1st B♭ Clarinet (opt. div.)
2nd B♭ Clarinet (opt. div.)
3rd B♭ Clarinet (opt. div.)
Bass Clarinet

1st Alto Saxophone
2nd Alto Saxophnoe
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
1st Trumpet
2nd Trumpet
3rd Trumpet

1st Horn in F
2nd Horn in F
3rd Horn in F

1st Trombone
2nd Trombone
3rd Trombone

Euphonium (opt. div.)
Tuba (opt. div.)

String Bass (opt.)
Timpani
 

【1st Percussion】
Suspended Cymbal
Castanets
Snare Drum
Triangle

【2nd Percussion】(2名)
Crash Cymbals
Bass Drum
Glockenspiel (opt.)

【3rd Percussion】
Triangle
Vibraphone (opt.)


Harp (or Piano)
※スペインの踊りのみ使用


Celesta (or Piano, Vibraphone, Glockenspiel)
※第一幕 ヴァリエーションⅠのみ使用

♪楽曲解説♪

アレクサンドル・グラズノフ(1865~1936)はチャイコフスキーとストラヴィンスキーの狭間、ロシア・ロマン派の過渡期に活躍した作曲家で、ロシア5人組のタネーエフ、リムスキー=コルサコフらから受け継いだロシア国民楽派と西洋音楽の様式を融和させ、色彩豊かな管弦楽法・和声法と抒情的かつ優雅な旋律、洗練された作風がロシア音楽史上重要な位置を占めており、「ロシアのブラームス」と異名をとるくらい、対位法や動機の構築性が秀逸で特徴的です。
また、作曲家としてだけでなく、指揮者・教育者としてもその類いまれなる才能を多岐に渡って発揮した非凡な人でもあります。
ロシア音楽の楽譜出版社として有名なベライエフ(ベリャーエフ)に寵愛され、創業のきっかけにもなりました。
門下生の一人にショスタコーヴィチがいるのは有名な話ですが、グラズノフの人柄や逸話など面白いエピソードが「ショスタコーヴィチの証言」という本に書いてありますので、そちらもご一読することをおすすめします。
このバレエ音楽「ライモンダ」は、同音楽「四季」と並び成熟期に書かれた、彼の最も有名な作品の一つです。
ストーリーは美女ライモンダを巡って、婚約者のジャンと夢の世界から現実世界に現れたサラセンの王子アブデラフマンが彼女に求愛し、婚約者を賭けて決闘をするという単純なお話ですが、音楽はバラエティに富んでいて、様々な種類の踊りや抒情的で甘美な旋律が余すところなく全体に散りばめられ、バランスよく構成されています。
編曲と演奏のポイントについて
この吹奏楽編曲は全曲中で特に親しみやすく、かつ演奏効果の高い楽曲を抜粋し、以下のように構成しました。

1、第一幕(第一場)No.1 序奏 Introduction
2、第二幕 グラン・ディベルティスマン~No.26 スペインの踊り Grand Pas espagnol
3、第一幕(第二場) No.14 グラン・パ・ダクシオン~ヴァリエーション1 Variation Ⅰ
4、第三幕 No.37 ギャロップ Galop
5、第三幕 No.38 アポテオーズ Apotheose

オプションパートであるOb・Fg・E♭Cl・St.Bassは音色の種類や変化のためにできる限り入れる方が望ましいですが、それらがなくても、十分に演奏できるよう配慮・工夫をしました。
div.に関しては他パートの補強を行ったものですので、人数の都合が合わない場合、Clは上のパート、Euph.,Tubaは下のパートを演奏してください。
それぞれのバンドの事情もあると思いますので、教育的な配慮での補強やオクターブ補正等は柔軟にしていただいて構いません。
クラシック音楽の素晴らしさをこの親しみやすい音楽を通じて、改めて共有していただければ、編曲者としてこんなに大きな喜びはありません。
(榛葉光治)
榛葉光治 プロフィール
東京音楽大学作曲指揮専攻〈指揮〉卒業。
これまでに指揮を紙谷一衛、ウェリサー・ゲンチェフ、汐澤安彦、広上淳一の各氏に師事。
ピアノを大谷真美子、小高明子、和声・スコアリーディングを坪能克裕、土屋雄、トランペットを林昭世、クラリネットを内山洋の各氏に師事。
2003年ルーマニア国立トゥルグ・ムレシュ交響楽団を振りデビューを飾る。
柏ウィンドシンフォニー常任指揮者。
現在、指揮活動の傍ら、各方面の団体の指導や編曲活動も精力的に行っている。

曲の演奏ノウハウをシェア!吹きレポ♪

S.Y

部門:高等学校(21人)

本番までの練習時間:4ヶ月

高等学校の吹奏楽コンクール県大会にて、21人で演奏しました。私が中学生の頃に他の人の編曲でしたが自由曲で取り上げ演奏した曲であり、生徒たちにもこの曲の良さを知って貰いたくて選曲しました。
楽章が5楽章あり、その中でもスペインの踊り、第一幕 ヴァリエーションⅠ、ギャロップを選び練習いたしました。 スペインの踊りでは、なかなか木管の旋律と、その他の楽器の伴奏とでテンポの感じ方があわず、とても苦労をしました。そのためスペインの踊りをライモンダだけでなく、他のバレエ音楽の中の映像をYouTubeで探して生徒たちと見て、様々なバレエの踊りからヒントを得て、自分たちなりに考えていくうちに気持ちがまとまり、テンポがあってきたのを今でも思い出します。 第一幕 ヴァリエーションⅠでは、どれだけ可愛らしさが出るかを考えて演奏しました。初めはピアノでチェレスタの部分を演奏していたのですが、どうしても曲の世界観が出なかったため、夏休みに入り急遽、チェレスタをお借りしコンクールに出ました。ただそこまでこだわったお陰か、とても良い演奏だったと褒めてもらえたのを今でも覚えています。なので無理のない範囲で、用意できるのであればチェレスタを用いて演奏することをお勧めいたします。
 最後にギャロップですが、ここでも木管の旋律と他の楽器の伴奏とで合わせるのに苦労しました。特にですが、繰り返し出てくるテーマに生徒たちは指が回らなかったりと苦労していました。ただ、ゆっくりから練習していくうちに慣れていき、できるようになっていったのを覚えています。諦めて雑になっていた時もありましたが、やればやるほどできてきたのを体感したようで、最後コンクールでは楽しそうに演奏していました。さらにその後にある、オーボエのソロ(私がやった時はフルートでやりました)、クラリネットのソリの部分を仕上げるのが一番この曲の難所でした。ただ、奇跡的に音大を目指していたクラリネットの子がいてその子に釣られて他の子も上手になり難を逃れました。こういう子がいなかったらと思うと今でもゾッとします。 最後に人生の中で1度しかない学校生活、その貴重な1年をこの曲とともに一緒に過ごせたことを生徒ならびに関係者の方々にとても感謝してます。

吹きレポとは?

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム