編成変更/カットについて
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
急-緩-急の3部構成。原曲に極めて忠実に編曲しながら、全体は自由な発想で巧みに構成されている。

喜歌劇「チャルダッシュの女王」セレクション【小編成版】/E.カールマン(鈴木英史)【吹奏楽ライセンス楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
YDAK-A04
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
下記利用規約に同意しますか(必須)

■ライセンス楽譜について■
弊社「ライセンス楽譜」は、該当作品の「年間演奏ライセンス」を購入いただくスタイルの楽譜です。


この「ライセンス楽譜」をご購入のお客様には《楽譜(スコア+パート譜セット)》と《演奏許諾書》をお送りいたします。《演奏許諾書》により定められた期間内(※1年間)は、自由に演奏していただけます。


「ライセンス楽譜」の楽譜は返却不要です。ただし、《演奏許諾書》記載の許諾期間が終了した後は、公の場での演奏はできませんのでご注意ください。許諾期間終了後に、再演をご希望の場合は、新たに「年間演奏ライセンス」をご購入ください。


(1)「年間演奏ライセンス」お申し込みについて
弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

(2)「年間演奏ライセンス」料のお支払いについて
ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

(3)「年間演奏ライセンス」の有効期間について
出荷日より1年間です。(※《演奏許諾書》に明記されます。)

(4)《演奏許諾書》について
《演奏許諾書》は楽譜出荷時に1枚同封いたします。演奏ライセンスの契約内容を記載した重要書類です。再発行は致しませんので、紛失しないようご注意ください。コンクール等へご出場の際は、この《演奏許諾書》をコピーしてご提出ください。

(5)演奏や録音等に関する著作物使用料について
日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理団体が徴収いたします。演奏や録音等の際には楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払いください。コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

(6)無断複製の禁止
楽譜の無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。また、コンテスト等の審査用にスコアをコピーして提出することは認めます。

(7)第三者の使用禁止
《演奏許諾書》に記載された演奏団体以外の第三者が、該当楽譜を演奏することはできません。万一、他の団体によって演奏された場合は、全ての楽譜を没収させていただき、ライセンスご契約者様(団体)及び、不正に楽譜を使用された団体に対し損害賠償を請求いたします。
(*)料金・サービス内容は諸事情により予告なく変更になる場合があります。 あらかじめご了承ください。


この楽譜は返却不要です


■許諾期間終了後に再演ご希望の場合■

① 楽譜をお持ちの場合は、再演用ライセンスがご利用いただけます。


再演用|年間ライセンス料 
吹奏楽作品(商品コードYD〇〇) 一律 16,500円(税込)
アンサンブル作品(商品コードYDQ〇〇) 一律 11,000円(税込)
ブラスバンド作品(商品コードYE〇〇) 一律 11,000円(税込)


再演用ライセンスは初回購入の演奏者(団体)にしか付与できません。

お申し込みの際には初回購入時のライセンスコード(演奏許諾書・スコア表紙に記載されています)が必要です。

ご利用方法、お申込みは下記ブレーン・オンラインショップへ


②楽譜をお持ちでない場合(紛失含む)は、新規で「年間ライセンス」(楽譜セットつき)が必要です。

¥44,000(税込)
税抜 ¥40,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:喜歌劇「チャルダッシュの女王」セレクション【小編成版】

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000

♪詳細情報♪

作曲:エメリッヒ・カールマン(Emmerich Kalman)
編曲:鈴木英史(Eiji Suzuki)
演奏時間:7分30秒(約)
グレード:3.5
主なソロパート: Ob. (or B♭Cl.) / B♭Cl. / ハンド・クラップ、フット・ステップあり
Trp.最高音: 1st / A  2nd / D
最少演奏人数:26名
編成:吹奏楽(小編成)

▼楽器編成▼

Piccolo
Flute 1 & 2
Oboe (opt.)
Bassoon (opt.)
B♭Clarinet 1 & 2 (all div.)Bass Clarinet
Alto Saxophone 1 & 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1 (doub. Flugelhorn)
Trumpet 2
Horn 1 & 2
Trombone 1 & 2
Euphonium
Tuba
String Bass (opt.)

Piano & Harp(opt.)
Percussion ※5 players~
Timpani
2 Snare Drum
Bass Drum
Tom-tom
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Tam-tam
Triangle
Tambourine
Castanets
Wood Block
Wind Chimes
Whip
Glockenspiel
Xylophone
Vibraphone
Marimba
Tubular Bells

♪楽曲解説♪

ハンガリー生まれの作曲家エムリッヒ・カールマン(1882-1953)は、ブタペストのフランツ・リスト音楽アカデミーでハンス・ケスラーに師事。卒業後オペレッタ『愉快な騎兵』(1908)が好評を博す。

3幕の構成による喜歌劇『チャルダッシュの女王』は、1915年11月17日ウィーンのヨハン・シュトラウス劇場で初演される。以後カールマンは、『伯爵夫人マリツァ』『サーカスの女王』などでオペレッタ作曲家として成功し、『メリー・ウィドウ』で有名なフランツ・レハールと共に20世紀初頭の“ウィンナ・オペレッタ銀の時代”の指導的な作曲家として活躍する。

喜歌劇(オペレッタ)は、18世紀ごろから演じられた大衆的・娯楽的要素の強い歌劇で、この作品が生まれた20世紀初頭には、更にショー的でドラムセットを用いるような軽音楽的な要素も含まれている。また、上演に際しては、演出家により楽曲の加筆や変更などごく普通のこととなっていたようである。

鈴木英史氏によるこの編曲は、東京・玉川学園中学部、土屋和彦氏の発案、岡山・明誠学院高等学校、稲生健氏の協力により2008-09年に完成、2009年度全日本吹奏楽コンクールの自由曲として初演された。

「序曲~俺たちみんな罪人さ~女なんか~終曲(結婚行進曲)~好きになるのはよくあるが~幸福は遠くまで追ってはダメ」を、原曲に極めて忠実に編曲しながら、全体は自由な発想で巧みに構成されている。(小編成版は、ブレーン・ミュージックより委嘱)

編曲者は演奏上の注意を次の様に述べている。

『急-緩-急の3部構成。アクセントやタンギングが多い快速部は音色発音に注意して下さい。短い音にも響きが有るようなイメージで。中間部は旋律だけで歌うのではなく、伴奏を正確なアンサンブルで響きを作り、その上に旋律を乗せると“響き自体”が歌ってくれます。2拍目のホルンも旋律と絡む拍として認識して下さい。歌の曲だからと言って、テンポを揺らす事やアゴーギグだけにとらわれると、自然な持続が失われます。吹奏楽として“響きの歌”の視点をくれぐれも忘れずに。』

チェックしたアイテム