編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
R.シュトラウス(森田一浩)/Gr.5/15:30

レンタル楽譜:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28 [R.シュトラウス(森田一浩)]

在庫
在庫あり
商品コード
YDAS-C06
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥54,000(税込)
税抜 ¥50,000
数量
-+

練習時間が、少ない!! でもこれがあれば大丈夫!

【Winds DVD】2019年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック
¥5,130

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:リヒャルト・シュトラウス(Richard Strauss)
編曲:森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:15分30秒 (約)
グレード:5
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Picc.
Fl.1,2&3
Ob. 1
Ob. 2(Eng.hrn.)
Bsn.1
Bsn.2(Contra Bsn.)
Eb Cl.
Cl.1&2
A.Cl.
B.Cl.
Contra B.Cl.
S.Sax.
A.Sax.1&2
T.Sax.
B.Sax.
Hrn.1,2,3&4
Trp.1,2&3

Trb.1&2
B.Trb.
Euph.
Tuba
St.Bass
Timp.

Tri.
Rattle
S.Dr.
T.Dr.
Sus.Cym.
Crush Cym.
B.Dr.

┌ Glock.
└ Xylo.

Vib.

Mari.
♪楽曲解説♪

作品の題材となった「ティル・オイレンシュピーゲル」は、北ドイツに伝わる伝説の奇人で、かつて人々が口伝えに物語ってきた彼の生涯は、15世紀に民衆本「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」にまとめられ、出版されました。ティルは様ざまないたずらで人々を翻弄しましたが、一方では教会や権力者をからかい、遍歴職人(放浪修行中の手工業職人)たちの尊大な親方にウィットに富む仕返しをするなど、民衆のストレス解消となるようなエピソードの主人公でもあったのです。

リヒャルト・シュトラウスは初め、この伝承物語を元にオペラを作曲する計画を立てましたが、自ら手がけようとした台本の執筆段階でつまづき、最終的には管弦楽作品として1895年に完成させました。〈大昔のいたずら者の物語によるロンド・スタイルの交響詩〉という副題を持つこの作品は、初演時から大成功をおさめ、現在でもシュトラウスが作曲した7曲の交響詩の中で、もっとも演奏の機会が多い作品となっています。

提示部:ゆったりとした序奏〈昔むかし、あるところにいたずら者がいたとさ…〉に続いて、ホルン・ソロによる有名な“ティルの主題”〈その名もティル・オイレンシュピーゲル!〉と、E♭クラリネット・ソロ(原曲ではD管)によるティルの“笑いのテーマ”〈それはそれは、ひどいいたずら者だった〉の、2つの印象的な旋律が演奏されます。

展開部:2つの主要なテーマを発展させる中で、伝承物語に登場する4つのエピソードが描かれます。第1エピソード(第133小節~)は〈市場につながれた牛馬を解き放し、大騒ぎを巻き起こしたティルは、空を飛ぶ長靴をはいて遁走する。そしてネズミの巣穴に隠れて様子をうかがう〉。第2エピソード(第179小節~)は〈僧侶に変装し、でたらめな説教を垂れるティル〉。第3エピソード(第209小節~)は〈騎士に変装して美しい淑女に言い寄るが、あっさりと袖にされるティル。怒った彼は、全人類への復讐を誓う〉。第4エピソード(第293小節~)は〈最初の標的を俗物的な学者たち定めたティルは、彼らに荒唐無稽な論争をふっかける。しかし次第に旗色が悪くなり、鼻歌まじりに逃げ出していく〉。

再現部:ホルンによる“ティルの主題”が回帰しますが(第429小節~)、依然としていたずらが続くように展開します。そして最高潮を迎えた直後、激しいドラム・ロールによって音楽が中断され、ティルの逮捕が描写されます。

コーダ:(第573小節~)〈最初はあざけってみせるが、次第に死の恐怖におびえるティル〉。そして死刑の判決がおり、ついには刑場の露と消える運命をたどります(伝承のティルはペストで病死したとされています)。最終近くの「エピローグ」(第632小節~)は冒頭の緩やかな部分の再現ですが、ティルの物語がこれからも受け継がれていくであろうことを予感させるような、実に印象的なエンディングです。

この吹奏楽版は、リヒャルト・シュトラウスの作品に造詣の深い埼玉県立伊奈学園総合高等学校・宇畑知樹先生の依頼によって、2009年4月に編曲しました。原曲がそうであるように、各楽器間のバランスとコントラストの妙が吹奏楽版にも活かされているため、演奏には高度な技術が必要です。しかも、そうした技術的なハードルを越えてこそ、シュトラウス流のユーモアやウイットの洪水を表現することが可能になるのです。同年5月3、4日に開催された伊奈学園吹奏楽部第24回定期演奏会における初めての演奏は、難曲であるにもかかわらず、大変にすばらしいものであったことをつけ加えておきます。

なお、テューバ・パートはE♭バスの併用を前提に書かれています。テューバのみで演奏する場合は、適宜、オクターヴの高音を削ってください。

(森田一浩)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム