編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
K.ワイル (中橋愛生)/Gr.3.5/8:00

豪華な三文音楽~クルト・ワイル「三文オペラ」による/K.ワイル (中橋愛生)【吹奏楽レンタル楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
YDAW-E01
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥44,000(税込)
税抜 ¥40,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:豪華な三文音楽~クルト・ワイル「三文オペラ」による

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:クルト・ワイル(Kurt Weill)
編曲:中橋愛生(Yoshio Nakahashi)
演奏時間:8分00秒 (約)
グレード:3.5
主なソロパート: Picc. / Fl. / Ob. / B♭Cl. / S.Sax. / A.Sax. / Trp. / Trb. / Euph.
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo (1 player~)
Flute (3 players~)
Oboe (1 player~)
Bassoon (1 player~)
Contrabassoon (opt.)
E♭Clarinet (opt.)
B♭Clarinet (6 players~)
Bass Clarinet (1 player~)
Contrabass Clarinet (opt.)
Soprano Saxophone
(1 player~)
Alto Saxophone (2 players~)
Tenor Saxophone (1 player~)
Baritone Saxophone
(1 player~)
Trumpet (4 players~)
Horn (4 players~)
Trombone (4 players~)
Euphonium (2 players~)
Tuba (2 players~)
String Bass (1 player~)

Piano (opt.)
Timpani (opt.)
【Percussion】5 players
Snare Drum
Bass Drum
3 Tom-toms
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Triangle
A pair of Wood Blocks
Glockenspiel
Xylophone
Vibraphone
Marimba
Tubular Bells
♪楽曲解説♪

「渡部謙一プロデュースによる21世紀のための新しい吹奏楽作品」企画により、福島県原町第二中学校吹奏楽部の委嘱で2005年に編曲。題材は委嘱元からの提示。 原曲はクルト・ワイル(1900-1950)の「三文オペラ」。奇妙な編成(管楽器を主体とし、バンジョーやハルモニウムなども含む)のオーケストラを伴う23のナンバーから成るオペラである。

このオペラはドイツの詩人・劇作家であるベルトルト・ブレヒト(1898-1956)が18世紀初頭のJ.ゲイ「乞食オペラ」(ペープシュ作曲)を基に現代風に翻案して新たに台本を作成したもの。このオペラは様々な下積みの人々と警察権力とを対比させることによって社会的矛盾を暴きだす、という極めて社会性の強い作品である。このオペラからワイル自身が数曲を抜粋して管楽アンサンブルに編曲したのが「小さな三文音楽」として知られるもの。

この「小さな三文音楽」の作成に際し、ワイルは敢えて「チープな響きがするように奇妙な楽器編成で、音の配置も鳴りにくいよう」にしている。これは「オペラ」というブルジョワジーの象徴とも言える形態に対する、ワイルの皮肉であろう。それを、大編成の吹奏楽に編曲することが果たしていいことなのか。悩んだ末に、敢えて過剰なまでに派手になるように手を加えて、その意図を逆照射することにした。結果として、原曲にはない音がたくさんあり、虚しいほどドラマティックに鳴る、いわば「豪華な三文音楽」となった。

この編曲は「三文オペラ」をベースにしており「小さな三文音楽」は解釈の参考とした程度。 「序曲 (Nr.1)」→「代わりに、の歌 (Nr.4)」→「大砲ソング (Nr. A7a)」→「メロドラマ (Nr.11)」→「マッキー・メッサーの殺人物語大道歌 (マック・ザ・ナイフ/Nr.2)」→「第三の三文フィナーレ (Nr.20)より冒頭とコラール」が切れ目無く演奏されるメドレーとなっている。 実は「三文オペラ」と「小さな三文音楽」では同じ曲でもアーティキュレーションやフレージングが異なっている。また、ワイル自身の楽譜の書き込みは大雑把なもので、細かいところに疑問が残るものであった。そこで、様々な異版を比較検証しつつ、私の解釈を交えてアーティキュレーション等を定義しなおしている。

テンポ指定はメドレーとした際に最適と思われた編曲者の解釈によるが、参考としてワイル自身の指定テンポも[org.]として付している。

編成は編曲者が最適として考えたもの(できればoption楽器も加えられるのが望ましい)である。しかし、編曲の特性上かなり厚めのオーケストレーションとなっているため、バンドの実状に合わせて重複している音やソロを他の楽器に割り当てることで、指定よりもかなり小さな編成で演奏することも可能である。 逆に、FluteやOboeの音域が低いところではAlto-FluteやEnglish-Hornを、「メロドラマ」でPianoなどの代わりにHarpやCelestaを、「大砲ソング」で実際に大砲を使用したりすることで、より「豪華」にするのも面白いだろう。

演奏に際しては「小さな三文音楽」と「三文オペラ」の両方の原曲を参考にして、器楽と声楽との差異や共通点を意識し、1つひとつの音のニュアンスや身振りを熟考してほしい。

(中橋愛生)

チェックしたアイテム