編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
広瀬勇人/Gr.3.5/6:30

レンタル楽譜:アカシアの樹 [広瀬勇人]

在庫
在庫あり
商品コード
YDOH-B09
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥33,000(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:アカシアの樹

¥1,100(税込)
税抜 ¥1,000

シンプルな内容だがよく響く楽曲!初級バンドにも適しています。

①学校を見守ってきた「アカシアの樹」をテーマに作曲された、和音の美しさを根幹にした力強い作品。

②中低音楽器を中心とした深い響きが望まれる楽曲。最小14人で演奏できるが、B.Sax.Hr2は欲しい。Perc.は1st、2ndを一人で演奏して、3人以上で演奏する事が望ましい。

③基本的な音域と運動性で演奏できる、詩的な表現の楽曲。曲の各場面の雰囲気を大事にした演奏を!

♪詳細情報♪
作曲:広瀬勇人(Hayato Hirose)
演奏時間:6分30秒(約) 
グレード:3.5
主なソロパート: B♭Clarinet
Trp.最高音: 1st / G  2nd / D
最少演奏人数:14名
編成:吹奏楽(小編成)
▼楽器編成▼
Flute 1
Flute 2 (opt.)
Oboe (opt.)
Bassoon (opt.)
B♭Clarinet 1 & 2
Bass Clarinet (opt.)
Alto Saxophon 1 & 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone (opt.)
Trumpet 1 & 2
Horn 1
Horn 2 (opt.)
Trombone 1 & 2
Euphonium
Tuba (opt. div.)
String Bass (opt.)
【Percussion】1 player~
Timpani (opt.)
Snare Drum*
3 Tom-toms*
Suspended Cymbal*
Hi-hat Cymbal*
(*Drum Set can be used) Wind Chimes
Triangle
Crash Cymbals
Bass Drum (opt.)
Glockenspiel (opt.)
Vibraphone (opt.)
♪楽曲解説♪

「アカシアの樹」は2014年、群馬県桐生市の明照学園 樹徳高等学校の創立100周年記念の委嘱作品として作曲しました。

戦後間もない昭和22年9月、大型で勢力の強いキャサリン台風(カスリーン台風)が関東平野に接近し、各地に甚大な被害をもたらしました。被害の最も大きかった地域の一つである桐生市では、堤防が決壊して市内を流れる新川が氾濫し、家屋と共に多くの方がその犠牲となりました。

川の氾濫で樹徳高等学校も校舎が流失し、その影響から以後数年間は生徒が激減して一時は廃校寸前の厳しい状況に追い込まれました。しかしその災害時、アカシアの木が学校の敷地内に流れ着き、その流木から小さな芽が出て、やがて根付きました。今では学校のシンボル・ツリーとして、太く大きな木へと成長を遂げました。

日本はこれまで全国各地で数多くの自然災害に遭ってきました。そしてその度に、厳しく空虚な現実の中、残されたものが力を合わせながら再建への道を歩んできました。この作品ではアカシアのエピソードを踏まえて、厳しい局面を迎えて傷つきながらも、人々が前を向いて一歩ずつ、力強く歩いて行く様子を描いています。

 
オプション扱いの楽器が多く、最小で14人から演奏することが出来ます。厚いオーケストレーションで書かれてあるので1人1人 の負担は少なく、バランスに気をつけて演奏すれば中編成や大編成でも迫力ある演奏となるでしょう。

打楽器は4パートで書かれてあり、最小1人で演奏する事が出来ます。パーカッション1と2のパートは、ドラムセットを使用すると一人で演奏する事が可能です。

(広瀬勇人)

チェックしたアイテム