編成変更/カットについて

アンサンブル選曲はこちらから!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
森田一浩/Gr.4/12:00

レンタル楽譜:ウインド・オーケストラのための「セレナード」[森田一浩]

在庫
在庫あり
商品コード
YDOM-B02
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥32,400(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:ウインド・オーケストラのための「セレナード」

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:12分00秒 (約)
グレード:4
主なソロパート:A.Sax. Hr.
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Picc.(Fl.3)
Fl.1&2
Ob.
Bsn.
Eb Cl.
Cl.1,2&3
A.Cl.
B.Cl.
A.Sax.1(S.Sax.)
A.Sax.2
T.Sax.
B.Sax.
Trp.1,2,&3
Hrn.1,2,3&4
Trb.1&2
B.Trb.
Euph.
Tuba
St.Bass
Timp.
Tri.
3T-Toms
S.Dr.
Crush Cym.
Sus.Cym.
B.Dr.
Glock.
Vib.
Mari.
Piano
♪楽曲解説♪

哲学者であり、詩人でもあった串田孫一氏(1915-2005)の著作に私は永年、親しんできたが、かれこれ40年前、恐らく初めて読んだ「夕映え」という文章が今も忘れることができない。「空が燃えた。その色は、北の国で今も語られているという、ごつい大男が頻りに出て来る神話の中の、最も荘厳な場面にふさわしい赤さだった」と始まるその文章は、秋の日の夕映えの空に「詛いを浴びせかける色」や「戒めの表情」を見出だし、どす黒い夜が滲み込んで来る瞬間を「否応なしに経験しなければならない、強烈な魅力を持った恐怖」と表現していた。

深い陰影を湛えた個性的な表現は、私の様々な感覚を否応なしに覚醒させた。「セレナード」には、そうして私の中に生まれた心象風景の断片が託されている。曲は夕暮れ時の不穏な心理を象徴するような、揺れ動く楽想が全体を支配しているが、最後には、すっかり陽が暮れて再び心が落ち着いていく様子も感じ取って頂けるだろう。

この作品は当初、2つのサクソフォーンとピアノのための「セレナード」として作曲し、2003年に原ひとみ、栃尾克樹、奥平純子の諸氏による「トリオ・クリスタル・ピラミッド」の演奏会で初演された。ウィンド・オーケストラ版はこの室内楽曲に拠るもので、接続部分などに若干の変更箇所はあるが、8つの短い部分からなる構成はそのままである。

ウィンド・オーケストラ版初演後まもなく、ブレーン株式会社楽譜事業部長でもある畏友、荒野聡さんのご好意で同社のレンタル・コレクションに加えて頂けることになり、これを機にオーケストレーションの不備を大幅に修正したことを書き添えておきたい。

(森田一浩)

注目の特集一覧

チェックしたアイテム