編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
中橋愛生/Gr.5/8:30

レンタル楽譜:玻璃(はり)ぷりずむ 吹奏楽のためのテクナル・ミニマリズム [中橋愛生]

在庫
在庫あり
商品コード
YDON-C04
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥32,400(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:玻璃ぷりずむ 吹奏楽のためのテクナル・ミニマリズム

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:中橋愛生(Yoshio Nakahashi)
演奏時間:8分30秒 (約)
グレード:5
主なソロパート: Picc. / E♭Cl.
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo (1 Player~)
Flute (3 Players~)
Oboe (2 Players~)
Bassoon (2 Players~)
E♭Clarinet (1 Player~)
B♭Clarinet (8 Players~)
Bass Clarinet (1 Player~)
Contrabass Clarinet (1 Player~)
Soprano Saxophone (1 Player~)
Alto Saxophone (2 Players~)
Tenor Saxophone (1 Player~)
Baritone Saxophone (1 Player~)
Trumpet (6 Players~)
Horn (6 Players~)
Trombone (8 Players~)
Euphonium (2 Players~)
Tuba (2 Players~)
String Bass(1 Player~)

Harp(1 Player)
【Percussions】6 Players~
Snare Drum
Bass Drum
5 Tom-toms
Steel Drum
Suspended Cymbal
Hi-hat Cymbal
Tam-tam
3 Triangle
4 Temple Blocks
a pair of Bongo
Wind Chime
Cow Bell
Flexatone
3 Keyboard Harmonica
(ex. YAMAHA Pianica)
Glockenspiel
Vibraphone
Tubular-Bells
♪楽曲解説♪

龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部の委嘱により2004年に書かれた作品。

委嘱者である龍谷大学のすぐ近くの伏見稲荷大社には有名な千本鳥居がある。延々と連なる紅い鳥居(時折、石造りのものも)の隙間から差し込む陽光、聞こえてくる水音・鳥の鳴き声・遠くの電車の音……。訪れた際にそんな不思議な「日本的ミニマリズム」を感じ、以前どこかで似たような感じを覚えたことを思い出す。山村暮鳥の詩を読んだときのことではなかったろうか。日本的なミニマリズムから感じられる、輝く色彩感。そういえば暮鳥は自身を「ぷりずみすと」と称していた……

スコアの冒頭には山村暮鳥の詩より「雪景」(黒鳥集・所収)、「風景(純銀もざいく)」(聖三稜玻璃・所収)、「玻璃もざいく」(拾遺詩篇・所収)の三篇が掲げられている。曲の部位と対応していなくもないのだが、別に詩の内容を表現しようとしたものではなく、あくまでも「参考」程度の意。曲は日本の旋法を用い、ミニマルミュージックの要素を盛り込んだもので、様々な意味での「時間のずれ」を表現しようと試みた。目指したのは「誤った京都観」と「ださカッコよさ」。

サブタイトルは「テクノミュージック風の」(本来テクノミュージックはコンピュータによる音楽の総称であるが、反復が多用されるという楽曲の様式上の印象による)という程度の意味の造語であり、同時に「木偶(てく)なるミニマリズム」との掛け言葉。この曲の「上辺(うわべ)だけの世界」という問題提起を端的に顕しているのである。

編成は「楽器ごとにパート割が適時変化する」という可変編成となっている。金管楽器は「(主に)ミュートを付けている/付けていない」で二群に分けて両翼配置とされるのが望ましいが、この指示は絶対的なものではない。特に分けたトロンボーンを大きく離して配置すると、一種のステレオ効果のようなものが得られる箇所が、曲中に存在する。曲は非常に明確なブロック構造になっているため、練習番号単位でカットを行うことは容易であるし、それを行ってもこの曲の本質に大きな影響は無いと考えている。

2004年12月23日に滋賀県立芸術劇場びわこホールで行われた龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部第31回定期演奏会において、若林義人指揮の同吹奏楽部により初演。私の曲としては珍しい「ノリノリ系」の曲なのだが、これは多分に龍谷大学のみんなの印象の影響。どこまでも明るく、楽しく、それでいて礼儀正しく、熱心に練習に取り込む姿。彼らと過ごしたとても幸せな時間と真摯な姿勢に感謝と敬意を表し、龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部とその音楽監督・若林義人氏に献呈。

第7回「響宴」で彼らと出会い、委嘱され、第10回「響宴」で彼らによって再演されている。

(中橋愛生)

(詳しい解説は作曲者 中橋愛生氏のホームページ「NAPPの部屋」をご覧ください)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp/note.html

注目の特集一覧

チェックしたアイテム