編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
中橋愛生/Gr.4.5/8:00

彩雲の螺旋(さいうんのらせん) 吹奏楽のための/中橋愛生【吹奏楽レンタル楽譜】

在庫
在庫あり
商品コード
YDON-C12
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥33,000(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:彩雲の螺旋(さいうんのらせん) -吹奏楽のための

今だけ
¥550(税込)
¥1,100(税込)

♪詳細情報♪

作曲:中橋愛生(Yoshio Nakahashi)
演奏時間:8分00秒 (約)
グレード:4.5
主なソロパート: Picc. / Bsn. (or B.Sax.) / B.Cl. / S.Sax. / A.Sax. / T.Sax. / Trp. / Euph.
Trp.最高音:1st:A / 2nd:As / 3rd:Es / 4th:C
編成:吹奏楽

▼楽器編成▼

Piccolo (doub.Flute)
Flute 1 & 2
Oboe 1 & 2
Bassoon
Contrabassoon (opt.)
E♭Clarinet
B♭Clarinet 1 , 2 & 3 (all div.)
Bass Clarinet
Contrabass Clarinet (opt.)
Soprano Saxophone
Alto Saxophone 1 & 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1 , 2 , 3 & 4
Horn 1 , 2 , 3 & 4
Trombone 1 & 2
Bass Trombone
Euphonium 1 & 2
Tuba (div.)
String Bass

Harp
【Percussion】6 players~
Timpani
Snare-Drum
Bass Drum
4 Tom-Toms
Crash Cymbals
Suspended Cymbal
Tam-Tam
3 Triangles
4 Temple-Blocks
Wood Blocks
a pair of Bongo
Glockenspiel
Vibraphone
Tubular-Bells
♪参考音源♪

【CD】ブレーン・コンクール・レパートリーVol. 2「彩雲の螺旋」
指揮:隊長 2等海佐 河邊一彦/演奏:海上自衛隊東京音楽隊
¥2,667+税

♪楽曲解説♪

彩雲は仏教の世界において吉事の前触れとされる五色の雲のこと。流れゆく雲が陽に照らされることによって様々な色を放つ様には、時とともに人が入れ替わりつつそれぞれの輝きを持つスクール・バンドの活動を映し込むこともできるだろう。彩雲たちが、それぞれの方向性を持ちつつ螺旋を描くように重なり合い、素晴らしい未来へと進むように、との願いが込められている。

曲は4つの動機で構成されているが、それらは全て委嘱団体および指揮者の名前をある操作により音列化したもの。委嘱元の希望もあり、旧作「科戸の鵲巣」および「谺響する時の峡谷」と世界観や展開法を共有する、それらの姉妹作に位置づけられる作品である。

明浄学院高等学校吹奏楽部の委嘱で2012年に作曲、小野川昭博氏指揮の同部により同年5月11日に浜松で行なわれた日本吹奏楽指導者クリニック・ウェルカムコンサートにおいて初演された。

(中橋 愛生)

曲の演奏ノウハウをシェア!吹きレポ♪

桶川哲也

部門:高等学校(33人)

本番までの練習時間:生徒たちは約8ヶ月、自分は約5ヶ月

静岡理工科大学星陵中学校・高等学校吹奏楽部 の指揮者として初めて取り組んだ思い出の曲です。

前任の先生が曲を決めてくださり、礎をつくってくださっていたおかげで、自分よりも生徒たちの方が曲を理解している状態でのスタートだったことを覚えています。

先の吹きレポ(柴田和顕さん)にもあるように、中橋愛生先生の作品の中では、比較的取り組み易い作品だと思います。

主なソロパートに記載があるように、たくさんの楽器が活躍します。ソプラノサックスのソロは2回出てきて、他のソロよりも長いので特に重要かと思います。(当時ファゴットパートがいなかったので、バリトンサックスがファゴットパートのソロを担当しました)

練習する上で苦労したことは、トランペットの音域がイントロとエンディングで少し高く、せっかくの見せ場で外してしまうと目立ってしまうので、他のパートよりも多く練習に付き合った記憶があります。他にも木管楽器は細かい音符の動きが多いですが、部活以外の時間も使って自主的に練習して乗り越えてくれました。

ステージセッティングですが、私のこだわりで、打楽器を主にステージ下手にセッティング、但しウッドブロックとボンゴをステージ上手にセッティングし、74小節目から交互に動きがあるテンプルブロックとウッドブロック、90小節目からのテンプルブロックとボンゴ、この場面で遠くから近づいてくるように聞こえる様子をイメージして、打楽器の効果が出るように工夫しました。他にも、ステージ中央にヴィブラフォン、その下手隣にハープ、上手隣にコントラバスをセッティングし、全体の調和と音量のバランスを意識しました。

私は運が良いことに、明浄学院高等学校吹奏楽部さんの素晴らしい初演をアクトシティ浜松で聴いていました。2012年のバンドクリニックで一番印象に残った演奏が彩雲の螺旋でした。その時の印象は華やかな冒頭、中間のソロ部分はそれぞれが役割をもって流れを作り、後半は旋律の美しさをどのように表現するか。大きく分けてこのような印象を受け、練習の際もそのイメージを常に持っていました。(個人的には90小節目からの旋律と、130小節目からの旋律が大好きです…!)

就任した初年度で、たくさんのドラマがありましたが、目標にしていた「日本管楽合奏コンテスト」(2016年)に出場させていただくことができ、いつも前向きで思いやりのある高校3年生8人を中心とした、努力を怠らない33人の生徒たちと素敵な作品に出会えたこと、文京シビックホールに「彩雲の螺旋」が響いたことは一生の思い出です。

柴田和顕

部門:中学校(50人※2支部2校で3回取り組みました)

本番までの練習時間:6ヶ月

中橋先生の作品としては比較的取り組み易い曲目。
この曲に限らず中橋先生の曲は声部が多いためパート練習は生徒に「この3和音を合わせ」など指示は与えやすい。伸ばしや♬や3連などのファンファーレなどが該当する。

Tuttiで基本4和音以上が多いため冒頭のファンファーレは
・3和音だけを組み7thを乗せる
・5度間で重ねる
などは工夫が必要。
13小節目からのSax4重奏は3和音で動くのでSaxが充実している学校は魅せれる(S.Saxはソロがあるため)
サックス、ファゴット(バリトンサックスでも可)ユーフォニアムなどにソリストがいる学校向け。金管が♬などタンギングが明確に発音できる技術は必要。
指導に行った中学で取り組み、2校で東海大会、北陸大会まで行けました。
部活動ガイドライン前の話なので練習時間が短すぎる中学には難し過ぎると思いますので、今なら高校生向けかなと思います。

吹きレポとは?

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム