• バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
清水大輔/Gr.4.5/19:30

レンタル楽譜:マン・オン・ザ・ムーン [清水大輔]

在庫
在庫あり
商品コード
YDOS-E03
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥43,200(税込)
税抜 ¥40,000
数量
-+

こちらの楽譜は全曲版です。
カット版(オルタネイト・テイク)はコチラ

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:マン・オン・ザ・ムーン Man on the Moon Difficulty So、 It Challenges by J.F.K.

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:清水大輔(Daisuke Shimizu)
演奏時間:19分30秒 (約)
1.A President Speech [4:30]  2.Plan of NASA [4:00]
3.APOLLO 11 [5:30]  4. Man on the Moon [6:00]
グレード:4.5
主なソロパート:Fl. Ob. Hn. Tp.
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Picc.
Fl.1&2
Ob.1&2
Bsn.
Eb Cl.
Cl.1,2&3(div.)
A.Cl.
B.Cl.
C.B.Cl.
S.Sax.
A.Sax.1&2
T.Sax.
B.Sax.
Trp.1,2,&3(div.)
Hrn.1,2,3&4
Trb.1,2&3
Euph.(Div.)
Tuba(Div.)
St.Bass
Timp.

【Perc.1】
┌ 2 S.Dr.
└ 2 B.Dr.

【Perc.2】
┌ Crash Cym.
└ Sus.Cym.

【Perc.3】
┌ 4 T-toms
├ T-Tam
└ Wind Chime
【Perc.4】
┌ Tri.
├ Tamb.
├ Wind Chime
└ T-Tam

【Perc.5】
┌ Chime
├ Mari.
└ Glock.

Harp

Piano
♪楽曲解説♪

この作品は2001年、神奈川県立大原高校の委嘱で書き上げ、2002年の3月、同校の定期演奏会で初演されました。その後2005年に追加楽章を書き、2006年川越奏和奏友会吹奏楽団第30回記念定期演奏会によって全曲版として初演された20分ほどの作品。

アポロ計画の始まりとなったジョン・F・ケネディ大統領演説の中で私が最も感動した言葉『Difficulty so,it challenges』(困難だからこそ挑むのです!)をサブタイトルに持つこの作品は4つの楽章から構成されています。

1楽章
『A President Speech-By J.F.K-』はまさにその演説と計画のスタートを描写したものです。

2楽章
『Plan of NASA-Full of Dreams and Full of Hopes-』は壮大な旅を実現させる為に最大限の力を注いだNASAのスタッフ達の姿を描写しており、その苦労と努力、更に希望を描いています。最後にはApoll 11で出てくるテーマが少し顔を出しますがすぐに消えていしまいいよいよ打ち上げの時に。

3楽章
『Apollo.11 The Launch.welcome to Apollo 11.Go to the Moon- 』ここではアポロ11号の打ち上げと月までの出来事を描写しています。様々な打楽器とピアノ、管楽器のクラスター音がロケットの噴射と飛行を表現し、飛行士の不安や飛行中のアクシデントを経て、アタッカ(途切れる事なく)…

4楽章
『Man on the Moon -Hymn.Ending-』へ進むとトランペットが1楽章のテーマを再現して、人類が月に立つという感動的な出来事を静かに歌い、やがて壮大なエンディングを迎えます。

注目の特集一覧

チェックしたアイテム