編成変更/カットについて

選曲マイスター

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
新作レビュー! - 第4回

エディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャーレビュー:クラリネット奏者 渡邊一毅さん

幅広いシーンでご活躍されているクラリネット奏者の渡邊一毅さんが、新発売のエディ・ダニエルズ「エクスプレッションズ」クラリネット用リガチャーのレビューをしてくださいました!

かゆいところに手の届くリガチャー

エディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャーレビュー

2021年10月に日本でも発売となったEDDIE DANIELS EXPRESSIONS LIGATURESですが、ようやくクラリネット全種類の試奏が出来ましたので、使用感を書かせていただきたいと思います。

まず全種類共通で言えるのは、リードの振動効率がとても良く、反応が良いので発音が容易であり、音色に自由さが生まれること。これはリガチャーにとって理想的かつ必須な特性であると思いますが、非金属(金属のみで出来てない)のリガチャーでこれを実現しているのは特筆すべきポイントだと思います。

その上でプレートの材質違いで3種類の異なる音色と吹奏感を選択出来るという、まさにかゆいところに手の届くリガチャーと言えるでしょう。

では、各モデル、各楽器ごとの雑感です。

ゴールド

華やかな音色、適度な抵抗感、楽に吹いてもパワフルに響かせられるモデルだと思います。
Bbクラリネットではソロ、オーケストラで華々しく演奏出来そうです。
バスクラリネットでは、エッジの立った音が作れるので、ソロ、オーケストラはもちろん、アンサンブル等でベースラインを担当する時なども含めてオールマイティに活躍出来そうです。
Ebクラリネットはオーケストラで輝かしいキャラクターが表現出来ることでしょう。

カーボン

コンパクトで落ち着いた音色、高いコントロール性、雑味の無いまろやかな響きを持ったモデルです。
Bbクラリネットでは吹奏楽、アンサンブル等で同属楽器との親和性が高そうです。また、PAを通す際にもマイク乗りが良さそうな印象です。
バスクラリネットでは、あたたかみのある音色が低音の良いイメージを作るのに最適です。吹奏楽、クラリネットオーケストラなどバスクラが複数人いる時は響きが倍増しそうです。
Ebクラリネットにおいては特有の高音のきつさが取れ、吹奏楽、アンサンブルでは抜群の効果がありそうです。低音にも丸みと響きが増えるので、Ebクラでありながらどっしりした音も狙えます。

ブルー

持った時点でその軽さに驚きます。リードの反応がとても良く、発音が容易になります。
Bbクラリネットでは吹奏感、音色ともに軽やかで様々なコントロールが可能です。ソロに向いており、クラシック以外のジャンルを演奏する際にも威力を発揮しそうです。また、少ない息でも楽に楽器を響かせられるので、楽器を始めたばかりの方にも適しています。
バスクラリネットでも同じく、少ない息で最大限のパフォーマンスが可能なため、小柄な方でも扱いやすいと思います。
Ebクラリネットではキラキラした高音楽器の特徴が遺憾なく発揮されるモデルだと思います。マウスピース、リードで重みが取れればしっかりした響きも作り出せます。

以上雑感でした。
なお、筆者がそれぞれの楽器で購入したモデル、また試奏条件は下記の通りです。

Bbクラリネット:カーボン
楽器:Buffet Crampon Legende
マウスピース:Selmer Echo
リード:Gonzalez GD 3, Arundos manon 3, 2.5+
バスクラリネット:ゴールド
楽器:Selmer Privilege
マウスピース:Wi&Fi
リード:Vandoren Tradition 3.5, 3, Vandoren V12 3
Ebクラリネット:カーボン
楽器:Patricola Cl.1 Special
マウスピース:Backun Eb+
リード:Vandoren Tradition 3.5

エディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャー公式ページ

クラリネット奏者
渡邊一毅わたなべかづき | Kazuki Watanabe

兵庫県立神戸高等学校を経て東京藝術大学卒業。
オブロークラリネットアンサンブルではE♭クラリネットを、バスクラリネットアンサンブル【木炭】ではバスクラリネットを、山本拓夫木管6重奏Haloclineではリードクラリネットを担当。
ブリッツフィルハーモニックウインズではコンサートマスターを務める。
吹奏楽、オーケストラ、室内楽をはじめ、ミュージカル、スタジオワーク、作編曲と多岐に渡って活動を展開している。 後進の指導にも力を入れており、指導した団体は吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストなどで全国大会出場多数。 2018年にソロCD「Triptyque」リリース。
現在、洗足学園音楽大学、相愛大学音楽学部講師。
音楽教室「黒笛音楽塾。」主宰。

公式サイト「黒笛危機一髪。」http://kurobue.music.coocan.jp/

 





選曲メニュー

メールで選曲相談 アンサンブル選曲 吹奏楽選曲マイスター 宅配スコア

 

チェックしたアイテム