編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
♪詳細情報♪
作曲者:ヴィットーリオ・モンティ(Vittorio Monti)
編曲:森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:5分00秒 (約)
グレード:3.5
編成:クラリネット4重奏
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
詳細編成
1st Clarinet in B♭
2nd Clarinet in B♭
3rd Clarinet in B♭
Bass Clarinet in B♭
♪楽曲解説♪

ハンガリー・ジプシーの代表的な民俗舞曲として、チャルダッシュの形式は、ブラームスの「ハンガリー舞曲集」やサラサーテの「チゴイネルワイゼン」にも使われている。すなわち、曲頭にゆったりとして情熱的な“ラッサン”と呼ばれる部分が置かれ、続いてテンポの速い主部“フリスカ”が続く2部構成の舞曲である。また、舞踊を起源としているので、主部でのテンポの変化や、ステップに通じる強いシンコペーション・リズムに特徴が見い出される。

モンティ(1868~1922)のこの作品も、舞曲の名称をそのままタイトルに用いているだけあって、典型的なチャルダッシュのスタイルで書かれている。冒頭から19小節間がラッサン、そしてCからがフリスカである。

原曲は、ピアノ伴奏つきのヴァイオリン曲であるが、クラリネット4重奏のためのこの編曲は、単なるトランスレートにとどまらず、様々なパッセージを挿入することで、アンサンブル独特の華やかな効果をねらっている。編成が小さいだけに、無駄な音もないので、各パートは役割りの分担を正確につかみ、すき間のない演奏を目指す必要がある。

(森田一浩)

チェックしたアイテム