編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
伊藤康英/Gr.3/06:30

【楽譜】管楽器のための「古典幻想曲」[伊藤康英]

在庫
在庫あり
商品コード
NAS-BK126
JANコード
4995751814944
メーカー
イトーミュージック
¥16,500(税込)
税抜 ¥15,000
数量
-+
♪詳細情報♪
作曲:伊藤康英(Ito Yasuhide)
演奏時間:6分30秒 (約)
グレード:3
主なソロパート: Flute
Trp.最高音: 1st:F  2nd:F
最少演奏人数:23名
編成:吹奏楽
販売形態:販売楽譜(スコア+パート譜)
▼楽器編成▼
1st Flute
2nd Flute
(also Piccolo)
1st Clarinet in B♭*
2nd Clarinet in B♭*
3rd Clarinet in B♭*
* 各パート2名を推奨

1st Alto Saxophone
2nd Alto Saxophone
Tenor Saxophone

1st Horn in F
2nd Horn in F
1st Trumpet in B♭
2nd Trumpet in B♭
1st Trombone
2nd Trombone
Euphonium
Tuba

Timpani

【Percussion 1】
Triangle
Snare Drum
Tambourine
Suspended Cymbal

【Percussion 2】
Glockenspiel
Xylophone
Bass Drum

【Optional】
Oboe
Bassoon
Bass Clarinet
Baritone Saxophone
St.Bass
♪楽曲解説♪

昨年のある県での吹奏楽コンクールの小編成部門。審査員をしていた私は、15人で出場したあるバンドの演奏に感銘を受け、そのようなバンドのために何か書きたいと思った。音域を限定し、技術的、音楽的には決して難しくなく、私自身、いろいろな仕掛けを楽しみながらこの曲を作曲した。 曲の構成は次の通り。

冒頭はシャコンヌ風に始まり、上声部ではカノンが形作られる。[25]からの低音の音階は、ヴェルディの「4つの宗教的小品」の「謎の音階」の引用である。[40]からのアレグロはソナタ形式。[49]からの第1主題のベースには冒頭のシャコンヌ主題が流れている。

第2主題は[73]から。これはシャコンヌ主題の縮小型。[92]からは自由な経過的な展開部。[123]より再現部。[155]よりシャコンヌ主題によるフーガ。[191]での主題の重なり方に注意。[207]からは冒頭の再現。[239]からはコーダ。 演奏に際してはまず、1人1人が綿密な楽曲分析をし、自分の役割を認識してほしい。

編成は基本的には各パート1人(クラリネットは2人)であるが、バランスを調整しながら人数を増やしてもよい。またオプション楽器は必要に応じて加えることができる。大編成のバンドでは、人数を減らし、アンサンブルの練習に活用してほしい。 テンポには融通を持たせたが、それぞれのテンポの関連に注意のこと。特に[92]は遅くならないように。

冒頭もあまり遅くしすぎると全体のバランスが崩れる。また、無意味なアゴーギグをつけ過ぎないように。たとえばバッハの作品では、基本的にはテンポは変えないというのと同じように、この曲でも、ハッタリなどで演奏をごまかさず、むしろ、細部に磨きをかけ、この対位法的小品を楽しんでもらいたい。

この曲を全国の小編成バンドに捧げる。

(出版譜「作曲者のことば」より)

チェックしたアイテム