編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
中橋愛生/Gr.4/6:20

レンタル楽譜:水文 (すいもん) 吹奏楽のための [中橋愛生]

在庫
在庫あり
商品コード
YDON-C10
メーカー
ブレーンミュージック / Brain Music
入力例: 0822939108 (ハイフンなしで入力してください)
入力例: 2018/07/22 (半角のみで入力してください)
下記利用規約に同意しますか(必須)

※レンタル楽譜の返品は受け付けておりません。

お申込みいただく際には編成等十分ご確認の上、ご注文ください。


■レンタル・コレクションについて

「レンタル・コレクション」は、通常の販売楽譜とは異なり、 「レンタル楽譜(貸譜)」としてのみ取り扱われる楽譜のことです。
出版社がその作品の演奏に必要なスコアとパート譜を用意し、 使用目的(演奏目的)に応じて演奏団体(学校など)に楽譜を貸し出すシステムです。
使用目的に応じた所定のレンタル料金をお支払い頂きますと、 定められた期間中、 弊社より楽譜を貸し出し致します。演奏終了後は全ての楽譜をご返却ください。


■基本原則

1: お申し込みについて

弊社ネットショップから、または、専用のFAX申込用紙でお申し込みください。

2: レンタル料金のお支払いについて

ネットショップからお申し込みの場合は、「コンビニ決済(前払い)」、「代金引換(配達時にお支払い)」、「クレジット決済」からお選びいただけます。
FAXでお申し込みの場合には、「代金引換(配達時にお支払い)」のみでのお支払いとなります。

3: 演奏や録音等に関する著作物使用料について

別途、日本音楽著作権協会(JASRAC)等の著作権管理事業者が徴収いたします。演奏や録音等の際には必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は編曲者名を含む)・出版社名を日本音楽著作権協会等にお届けいただき、所定の著作物使用料をお支払い下さい。
コンサート等のプログラム・パンフレットには、必ず楽曲名・作曲者名(編曲作品の場合は、必ず編曲者名を含む)の記載をお願いいたします。

4: レンタル期間について

演奏許諾書にある貸出日より1年間となります。期間満了までにご返却ください。期間内であれば公演回数の制限はなく、追加申請も必要ありません。返却にかかる送料は、お客様のご負担とさせていただきます。

貸出期間終了後の使用は認められません。再使用の場合には改めてお申し込みをお願いいたします。楽譜発送後のキャンセルおよび楽曲の変更はお受けできません。

5: 無断複製の禁止

無断複製(コピー等、方法の如何を問わず)は、著作権法で禁じられております。ただし、演奏者数の都合により、パート譜の補充が必要な場合に限り、必要部数のコピーを認めます。返送の際にはコピーされたパート譜も必ずご返却ください。

6: 第三者の使用禁止

演奏許諾書に記載された演奏団体(契約団体)以外の第三者が楽譜を使用することはできません。万一、上記演奏団体(契約団体)に貸出した楽譜が他の団体で使用された場合は、全てのコピー譜を没収させていただき、契約団体及び使用された団体に損害賠償を請求いたします。

7: 紛失について

レンタル楽譜を紛失された場合には、紛失補償金(スコア譜 12,000円(+税)/パート譜 1部 1,000円(+税))をご請求いたします。

¥32,400(税込)
税抜 ¥30,000
数量
-+

宅配スコア閲覧

宅配スコア閲覧:水文 吹奏楽のための

¥1,080(税込)
税抜 ¥1,000
♪詳細情報♪
作曲:中橋愛生(Yoshio Nakahashi)
演奏時間:6分20秒 (約)
グレード:4
主なソロパート: Fl. / Bass Cl. / S.Sax.
編成:吹奏楽
▼楽器編成▼
Piccolo (1 Player~)
Flute (3 Players~)
Oboe (1 Player~)
Bassoon (1 Player~)
E♭Clarinet (1 Player~)
B♭Clarinet (6 Players~)
Bass Clarinet (1 Player~)
Cntorabass Clarinet
(1 Player~)*
Soprano Saxophone (1 Player~)
Alto Saxophone (2 Players~)
Tenor Saxophone (1 Player~)
Baritone Saxophone
(2 Players~)
Trumpet (6 Players~)
Horn (4 Players~)
Trombone (4 Players~)
Euphonium (2 Players~)
Tuba (2 Players~)
String Bass (2 Players~)**

Piano (1 Player)
【Percussion】5 players~
Bass Drum
Floor-Tom
Suspended Cymbal
Tam-tam
Bongo & Conga
3 Triangle
4 Temple Blocks
3 Rins (リン)
Glockenspiel
Vibraphone
Tubular Bells
*Contrabass Clarinet は、省略可能。
**String Bass が、1名の場合は、低音を演奏。重奏する必要はない。
♪楽曲解説♪

鏡野吹奏楽団の委嘱で2011年に作曲。初演は同年5月14日に行なわれた同団第34回定期演奏会において弘田靖明の指揮による。

「水文」とは、地球上での水の循環を指す単語である。雨は集まり川となり、川は集まり河となり、河は集まり海となる。そして海より気化した水は、天を彷徨い、再び雨として降り注ぐ。絶えることのない、大いなる流れ。

だが曲は、この一連の流れを逐次追っているわけではない。様々な「水の変容」は、順不同に、同時多発的に行なわれる。思えば、水脈も一点のみが流れているのではなく、全体として「畝っている」に過ぎないのではなかろうか。

これら「水の循環」は、そのまま人の営みにもなり得るだろう。個人はもちろん独立したかけがえのない存在だが、同時に観念的な捉え方もできる。それは水滴のようなものだろう。多くの水滴が集まってできるライフストリーム《魂の帯》は、果たして何処から還るのか。

曲の末尾は、以前、鏡野吹奏楽団のために書かせて頂いた「星を釣る海」に、意図的に似せてある。いわば、一つの大きな変容体。様々な表情を見せる《水》の行く末を楽しんで頂ければ幸いである。

演奏に際しては、自分が全体の一部であることを常に意識し、バンド全体がどのような表現をするべきなのか、そのためには自分がどのようにすればよいのか、を考えて下さい。一つの大きな波の中に、幾つもの小さな波が呑まれているように…

チェックしたアイテム