編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ
♪詳細情報♪
作曲者:森田一浩(Kazuhiro Morita)
演奏時間:4分20秒 (約)  I. [1:06]  II. [1:14]  III. [2:05]
グレード:4
編成:金管8重奏
Trp.最高音:1st:↑F(↑↑B)、2nd:↑F、3rd:↑C
販売形態:販売譜(スコア+パート譜)
楽器編成
1st Trumpet in B♭
2nd Trumpet in B♭
3rd Trumpet in B♭
Horn in F
1st Trombone
2nd Trombone
Euphonium
Tuba
♪楽曲解説♪

1993年秋、若い友人の佐々木幹尚君から、当時彼が指導していた埼玉県立川越工業高等学校吹奏楽部のためにアンサンブル・コンテスト用のピースを何か一曲、との依頼を受けて作曲したもの。

《テルプシコーレ》とは、17世紀初頭にフランスからドイツの宮廷に伝えられた古典舞踏曲を、ミヒャエル・プレトリウス(1571-1621)が編曲、編纂した曲集の名前。4声から6声で書かれた312曲の内のいくつかは、古楽合奏や金管アンサンブルのジャンルではスタンダード・ナンバーとして広く知られている。《テルプシコーレ》の旋律線だけを借用し、リズムやハーモニーを自由に変更することで、新しい音楽に再構成することがこの作品の意図であった。

出版に際して改めて楽譜を読み返し、たんなる編曲にとどまる部分が多いことなど、気になる点もあったが、たかだか10年前とはいえ、当時は当時なりの考えがあったはずなので、あえて初稿のままにとどめた。

《テルプシコーレ》から引用したメロディーは、当該部分にその出典を明記しておいたので、原典をお持ちの方は参考にしていただきたい。

(森田一浩)

チェックしたアイテム